美術工芸学科

2019年7月

  • LINEで送る

2019年7月23日  ニュース

美術工芸学科全コース

昨日7月20日(土)と21日(日)は京都造形芸術大学の夏のオープンキャンパスでした。

 

おかげさまで今回も美術工芸学科のブースにはたくさんの高校生や受験生の方が来てくださいました!

中には将来をきちんと考えている中学生の方、大学院を考えている留学生の方、楽しいワークショップに興味を惹かれた小さいお子さんまでブースにいらしてくださいました。
ご来場いただきました皆様本当にありがとうございました。

 

美術工芸学科は日本画、油画、写真・映像、染織テキスタイル、総合造形(立体物を制作するコース)、基礎美術(日本の伝統文化を幅広く学ぶコース)の特色のある6コースからなっています。

京都造形芸術大学の中でも一番多く学生が在籍している学科です。

今後も6コースの特色を活かしながら協力して大学を盛り上げていきたいと思っています。

 

夏のコミュニケーション入試はもう目の前。

8月4日(日)〜7日(水)の日程で行われます。

エントリー〆切はは8月1日(木)17:00までとなっていますので美術工芸学科を目指す人は忘れずにエントリーをお願いします。

詳細は以下のサイトまで。

https://www.kyoto-art.ac.jp/admission/exam/communication_s/lp/

 

IMG_4409

  • LINEで送る

2019年7月23日  授業風景

【基礎美術コース】2年生 茶陶の授業

2年生の前期の最終課題は茶陶です。
1年生の時にも赤楽茶碗を作りましたが、今回は飴釉の茶碗を作ります。
担当は清水志郎先生と山口有加先生です。

 

自分で瓜生山で取ってきた土を使って手びねりで茶碗を形成し、自分で拾ってきた石を砕いて釉薬として使い、完全オリジナルの茶碗を作ります。

1年生の時にもお茶碗を作っているため慣れてきた部分もありますが、一方で取ってきた土や石の具合が上手くいかず手こずっている学生もいます。出来合いの土や釉薬を使用していないので上手くいかないのは当たり前。この試行錯誤がタフな精神力や自分で工夫してものを作っていく態度を養います。

 

今週がいよいよ最終週。みんながんばれあとちょっと!
どんなお茶碗ができるのか楽しみです。

IMG_4076IMG_4077 IMG_4396 IMG_4392 IMG_4303 IMG_4301 IMG_4299 IMG_4084 IMG_4078 IMG_4087

  • LINEで送る

2019年7月18日  授業風景

【日本画】二回生 綿布 石膏地課題

こんにちは、日本画コースです。

先日、二年生の綿布課題と石膏地課題の合評が行われました。

 

綿布課題の方は、木枠に綿布を張り込み、兎膠でサイジング(にじみ止め)し、表からも裏からも描けるようにして「衣服」をテーマに制作してもらいました。

 

IMG_9820 IMG_9823 IMG_9835

 

普段の和紙を水張りして描いていく描き方とは全く違う描き心地に苦戦しながらも、各々持ち込んだ衣服を表現していました。

IMG_0287 IMG_0452 IMG_0294

 

また、綿布課題と同時平行で石膏地の課題もあり、こちらは「鉱石」がデーマでした。

パネルに綿布を貼ってそこにボローニャ石膏で下地を作り、日本画の絵具で鉱石を描いていくという課題です。

IMG_9927 IMG_0203 IMG_0169 IMG_0198

 

子どもの頃に集めていたきれいな石を持ってきて描く学生もいれば、大学の裏山から採ってきたゴツゴツの石を描く学生もいて、

バリエーションに富んだ作品が生まれました。

IMG_0539 IMG_0548 IMG_0546IMG_0552

 

「衣服」も「鉱石」も日常生活の中でありふれた物です。

そんなとりとめのない物から想像を膨らませて、どんなストーリーを生み出して、絵としてどう表現するのか。

今後3年生4年生になって課題のテーマの自由度が大きくなっていくにつれて「何を描いて良いかわからない・・・」

という事にならないようにするためや、社会にでてから想像力を働かせて人の気づかないところに気づいて仕事をしていくため、

などの思考のトレーニングであったりもします。

IMG_0567 IMG_0602 IMG_0571 IMG_0609

 

日本画だから和紙・・・だけではなく、

今回の課題で体験した布地や石膏など様々な表現の選択肢を広げて、今後も切磋琢磨して作品をつくっていってもらえたらと思います!

 

  • LINEで送る

2019年7月5日  ニュース

【染テキ】『伊勢木綿と過ごす夏』展

今年もその季節がきました。
祇園祭のお囃子とともに、新作手ぬぐいを販売します。
16スナップ (1)四条河原町交差点、マルイ店頭です! マイフェイバリット京都をテーマに、
京都に住んではじめて気づいた京都の魅力を1枚の手ぬぐいのデザインに落とし込みました。
祇園祭では、室町通り界隈の老舗呉服商が所蔵する名品を見ることができます。 そぞろ歩きしながら伝統の名品を楽しみつつ、
四条河原町交差点では、今の学生たちがつくる粋の良い手ぬぐいをごらんください。

京都マルイ店頭にてお待ちしております!!
スナップ2 burogu
『伊勢木綿と過ごす夏』展
日時:2019年7月8日(月)〜7月15日(月)
   午前10時30分~午後8時30分(最終日のみ19時30分)
場所:京都マルイ1階北側店頭
   (京都市下京区四条通河原町東入真町68番地)


プレスリリース1 プレスリリース2

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。