美術工芸学科

2020年7月

  • LINEで送る

2020年7月31日  授業風景

【染織テキスタイル】7/5(日)1日体験授業 高校生からの質問にお答えします。

こんにちは、美術工芸学科学科研究室です。

7/5(日)の「1日体験入学オープンキャンパス」に参加してくれた高校生のみなさん、ありがとうございました!

アンケートに答えてくれた中にいくつか質問がありました。

みなさんからの質問に染織テキスタイルコースの八幡先生がお答えします!

 

****************************

<染織テキスタイルコースQ&A>

Q.染色の授業で生徒に人気なのはなんですか?

今は植物染料研究という授業が人気です。山に入って植物を採集することろから始めます。植物がどんな色を持っているかが楽しみなところです。

 

Q.将来どんな道があるのか少しイメージしづらいのですが印象に残っている方はどんな進み方をしたのでしょうか?

染織テキスタイルコースを卒業すると、進路の方向性はどのコースよりも多様です。なぜなら繊維に関わる仕事はとても多いからです。衣服、インテリア、寝具、車や電車のシート、等々です。その他として中学や高校の美術教員、大学院に進学してアーティストを目指す、起業して自分のブランドを主宰している人もいます。

 

*****************************

 

→お知らせ

☆8/2(日)実施『1日体験入学オープンキャンパス』☆

来る8月2日(日)に、1日体験授業をオンラインで開催します!!

美術工芸学科では染織テキスタイルコース以外にも

日本画コース、油画コース、総合造形コース、写真・映像コース、基礎美術コースと多種多様な授業に参加できます!

体験授業型選抜の対策だけではなく、コース選びや芸大への進学を迷っている方、
全く経験のない方も進路選択にお役立てください!

みなさんに会えるのを教職員一同も楽しみにしています。

詳細はこちら↓
https://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc07-05_08-02/

 

0705,0802OC_画像

 

 

 

  • LINEで送る

2020年7月29日  授業風景

【染織テキスタイル】3年生ジャガード

3年生仁尾ゼミではジャガード作品が織り上がりました。

ここからスツールやプロダクト製品に仕立てます。

IMG_1828IMG_1832

 

  • LINEで送る

2020年7月28日  ニュース

【写真・映像】卒業生&在学生受賞情報

写真・映像コース(旧称「現代美術・写真コース」)の

17年度卒業生 片山達貴さん、3年生 神谷拓範さんの受賞情報のお知らせです。

 

ディオールによる若手フォトグラフィー・アワード(2020 Dior Photography and Visual Arts Award for Young Talents)のファイナリストに、写真・映像コース(旧称「現代美術・写真コース」)卒業生の片山達貴さんと、3年生の神谷拓範さんが選ばれました!神谷さんは審査員特別賞(Jury Mention)を受賞。
ファイナリストとしてフランスのアルル写真祭に招待され、作品を展示する予定でしたが、コロナのため写真祭自体が中止に。

 

現在、アワード公式ページに出品作品(一部)とステートメントが掲載されています。

———————————————-

●アワード公式ページ

https://www.luma-arles.org/dior/2020/

 (12)Takunori Kamiyaさん、(13)Tatsuki Katayamaさん

———————————————-

リンク先ページの最下部よりオンラインカタログも閲覧することが出来ます。

こちらには出品の全作品掲載されていますので、ぜひお見逃しのないようご覧ください。

また、下記URL先に審査員特別賞を受賞された神谷拓範さんの動画インタビューもアップロードされていますので、ぜひご覧ください。

https://youtu.be/72ZWbmftotc

 

 

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。