美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年6月28日  授業風景

【日本画】1年生 自画像コラージュ

こんにちは、日本画コースです。
先週末まで美術工芸学科ではファウンデーション授業が行われていました。

この授業は1年生前期の5週間にわたって美術工芸学科6コースの中から自コースあるいは他コースの授業を選択し、それぞれのコースで基礎的な制作や学習ができる授業です。

日本画コースにも油画、総合造形、写真・映像、基礎美術から学生がやってきました。

 

日本画コースの授業ではグリザイユと自画像コラージュの制作を行いました。

今回は最後の課題だった自画像コラージュの授業の様子をご紹介します。

 

1

2

3

4

今回のコラージュではダンボールを支持体にして、その上に貼り付ける素材は各自が持ってきたモノを使います。シンプルに雑誌や新聞紙を選ぶ学生もいれば、制作のテーマに合わせてしっかりと素材を準備してきた学生もいました。

単に自分の姿を貼り絵のように作っていくだけでなく、自分の感情や思考、あるいは容姿や性格のコンプレックスなど、自画像を通して自己の内面にある様々なテーマで作品が作られました。

 

5

6

7

8

短い期間だったので他コースの学生同士の直接的な交流は少なかったかもしれませんが、制作や合評を通して他領域の学生の制作プロセスや素材へのアプローチの仕方を知れるとてもいい機会になったのではないでしょうか。

 

日本画コースに来ていた皆さん、今後自コースで制作した作品もぜひ見せに来てくださいね!

関連記事

<910111213>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。