映画学科

ニュース

  • LINEで送る

2019年10月9日  ニュース

卒業生「ちーちょろす」が「プロフェッショナル研究」にゲスト参加!!

映画学科では後期から、社会に出てユニークな活動をしている卒業生を招く授業「プロフェッショナル研究」(山本起也先生担当)を開講しました!!

 

P研1004山田 智都2

 

第1回目の104日(金)は、下着のインフルエンサーとして活躍中の「ちーちょろす」がゲストでした。

 

下着にまつわる専門知識や、自分のネットワークを広げて行く方法など、「ちーちょろす」のバイタリティに圧倒された80分でした。

 

P研1004山田 智都3

 

以下、「ちーちょろす」からのメッセージです。

 

「私は二回生の時に俳優の道を諦めて、下着の道に進むことを視野に入れました。

 

今回伝えたかったのは、『俳優にならなくちゃ』、『映画業界に行かなくちゃ』というプレッシャーを少しでも軽くして、本当に自分が将来なりたいものを見つめ直すための一つの方法です。

 

俳優コースを卒業しながらも別の道に進んだ姿を見せることで、未来への選択肢が多いことを知ってもらえたら嬉しいです。

 

俳優になってもならなくても、大学で学んだことを生かすも殺すも自分自身!」

 

P研1004山田 智都4

 

次回からも「プロフェッショナル研究」に様々なゲストが参加します。

 

みなさんお楽しみに!!

関連記事

<678910>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。