プロダクトデザイン学科

授業風景

  • LINEで送る

2019年12月4日  授業風景

教職員にインタビュー!

 

みなさん、こんにちは!

 

12月に突入し、いよいよ本格的に冬らしい気候になってきましたね○

 

大学の木々たちも葉っぱを落とし、

冬らしい光景になってきました。

 

 

さて、今回は2年生の授業の様子をお届けします!

 

b c

△何やらインタビューを行っています

 

 

この授業は、働く人へのインタビューを通して、

自分の将来のキャリアについて考える、という授業です。

 

今回のぞいた授業では、

学生にとって身近な働く人、プラダクトデザイン学科の教職員に

インタビューを行っていました!

 

d

△非常勤講師の百々先生!

 

 IMG_0942

△学科事務の久保さん!

 

g

△大江先生!

 

f

△プロダクト専用工房の技官・湊さん!

 

i

△非常勤講師の平岡先生!

 

 

学生時代のお話しや、今の仕事のやりがいなどなど

普段なかなか聞く機会のないお話しに

みんなとっても盛り上がっていました!

 

a,j  

この授業のインタビューを通して、自分の将来について

少しでも考えるきっかけになってくれることを願います○

 

 

 

●● はじめての、1day!!芸大体験 ●●●●●●●●●●●●●

 

 高校生1・2年生対象の体験授業が開催されます!

 プロダクトデザインのことを全く知らないけど、

 少し興味ある!という方、ぜひぜひご参加ください○

 

 ○日時:12/22(日)11:301515

 ○ご予約は→ こちら から

 

関連記事

<2021222324>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。