美術工芸学科

イベント

  • LINEで送る

2013年10月25日  イベント

【日本画】はろうぃん

こんにちは。

日本画コースの技官です。

 

10月ですね。

はろうぃんですね。

 

こんなものをつくってみました。

 

もみがみでおりがみ。

名前は惹吼くんです。

読みは「じゃっく」です。

ありきたりですね!!!

 

もみがみ、とさらっと書きましたが、その名の通り紙をもむ技法です。

 

 

…どういうこと?

 

こういうことです↓

 

▼麻紙に緑色の水干絵具を塗り、その上に黄土系の水干絵具を塗り、さらに橙の岩絵具を塗ったもの。

これを…

▼くしゃくしゃに丸めます。(破けないように注意)

 

▼広げると折れた所に下の緑がでてきます。

この時点で揉み紙自体は完成ですが…

 

▼さらに質感が物足りないので胡粉をざっくりひいてみました。

 

▼さらにさらにちょっとだけ橙色の岩絵具を散らばせて紙は完成。

 

▼作った紙をおりがみのように折っていき、惹吼くんが誕生しました。

誇らしげです。

 

もみがみは面白い質感をつくることができます。

来月にはギャルリ・オーヴの階段にて、日本画コースの学内展示がありますが

そのなかに1年生の揉み紙実習で制作された作品も並ぶ予定です!

様々な色の組み合わせ、描かれたモチーフと揉み紙とのマッチングなど、

見どころ満載ですので、通りがかりにでもご高覧いただけると幸いです。

 

詳しい情報等はまたブログ記事にてお知らせ致します。

 

 

 

 

関連記事

<527528529530531>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。