美術工芸学科

イベント

  • LINEで送る

2013年11月29日  イベント

【日本画】ほうかごのアツいひととき

こんにちは。

日本画コースです。

 

11月ももうすぐ終わり。

いまや紅葉が美しい季節。

日に日に寒くなってきましたね。

 

 

しかし!!!

 

 

そんな中、日本画コースには熱い話題が!

日本画コースの先生方による研究会が11月27日からはじまりました!

題して…

 

全10回) ΩΩΩ <ぉぉ〜!!

 

記念すべき第一回は二日間にわたって吉川 弘先生山田 伸先生による団体展についてのお話です。

この研究会は学生(1年生〜大学院生)自由参加で、

放課後に青木 芳昭先生の材料研究室にて行われています。

 

▼一日目、吉川先生は創画会について。

 

 

▼二日目、山田先生は院展について。

 

団体公募展の歴史や、現在の状況、今後の可能性など、

普段の授業ではおはなしできない事をお話いただきました!

  

団体展に出品されている吉川先生、山田先生のお話に対して

両サイドにいらっしゃる菅原先生、青木先生から客観的なご意見をお話いただき、

先生同士で議論を交わしてゆき、また学生の方からの質問にも随時お答えしていくという形で研究会は進んでいきました。

 

  

 

学生もところせましと多く集まり、みんな真剣な表情でお話に聞き入っています!

先生方にとっても学生にとっても、有意義な時間になったのではないでしょうか。

 

放課後の日本画研究会は全10回毎月行われます。

来月は日本画コースの女性の先生方にお集りいただき、

女性ならではの視点でお話いただく予定です!

松生 歩先生佐々木 るり子先生山田 真澄先生、中神 敬子先生、奥村 美佳先生、にお集りいただきます。

(※都合により変更になる場合もあります)

 

 

女性の先生方による研究会をどうぞお楽しみにっ!

 

 

 

 

関連記事

<505506507508509>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。