美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年5月28日  授業風景

【日本画】1年生の授業を覗いてみました

こんにちは!

日本画コースです。

 

今回は、タイトル通り1年生の授業を覗いてみました。

 

 

●お、描いてますね~

_MG_0812

 

●皆真剣です

_MG_0814

 

一体どんな課題なのかというと、『グレーの紙に描いてみよう!』というシンプルな課題です。

この課題、どこかで聞いたような・・・

 

 

そう、先日お伝えしたBUKATSUとほぼ同じ課題なんです!

今回は黒い紙ではなく、グレーの紙に、パステルや色鉛筆などで描いています。

モチーフは、はく製の孔雀や雉などです。

白が際立つ背景ですから、色々工夫の仕様がありますね。

 

 

●色がついてきてる学生も・・・

_MG_0805

 

●モチーフの孔雀の綺麗な色合いが出ていますね!

_MG_0813

 

●太筆でがっつりと!どんな仕上がりになるのか楽しみです

_MG_0821

 

●鷲の全体感が出てきましたね~

_MG_0811

 

●正面から鷲に挑む・・・!個人的にお気に入りの一枚です(笑)

_MG_0809

 

●アクロバティックですね!

_MG_0820

 

 

 

学生それぞれが、それぞれの捉え方で課題に臨んでいました。

写真を撮っていても個性が伝わってくるようで、ワクワクしてしまいました~

 

最終的にどんな作品が出来上がるのか、楽しみですね!

 

 

次回は2年生の授業にお邪魔する予定・・・の、はずです^^;!

 

以上、日本画コースでした。

 

 

 

関連記事

<261262263264265>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。