美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年5月29日  授業風景

【日本画】2年生の素材研究!

こんにちは。

日本画コースです。

 

現在2年生は素材研究の授業の真っ只中です!

2015年前期をかけて取り組む素材研究の授業では、

7つの支持体を体験してもらいます。

 

初回は石膏地にデトランプで描く授業でした。

デトランプとは、膠、カゼイン、アラビアゴムなどを使った

水性絵具の事です。

今回はカゼインと兎膠を使用しました。

 

☆まずは支持体作りから!

 

 

みんな使った事のない素材や道具を使い、苦戦しつつもなんとか石膏地を作っていました!

 

モチーフはパイナップル。

おいしそうです!!

 

そして・・・

 

 

約2週間制作し、合評を行いました。

出来あがった作品はどれもチャレンジ精神にあふれており、魅力的でした。

 

はじめての事ばかりでうまくいかない事が多いと思いますが、

2年生前期をかけて取り組む7種の支持体を体験し、

取捨選択して自分にあった支持体で表現をしていくヒントになればと思います。

 

あと2年後の卒業制作が楽しみになってまいりましたね!

 

石膏地の次はフレスコ画、その次は板絵・・・とつづきます。

乞うご期待!

 

関連記事

<267268269270271>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。