美術工芸学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年6月5日  授業風景

【日本画】1.2.3年生~キャリア研究~

こんにちは!

日本画コースです。

 

今回は、今年から新たに始まったキャリア研究という授業を覗いて参りました!

 

キャリア研究というのは、金曜日の1.2限に行われている授業です。

卒業後、社会人として、または作家として生きていく上でより知識を増やしていこう、という目的です。

日本画コースでは、非常勤の先生方をお招きして授業をして頂いています。

そんな授業風景をお伝えします!

 

 

まずは三年生。

 

●教室の扉をくぐると・・・

_MG_4085

●絶賛授業中です

_MG_4084

_MG_4103

 

3年生のキャリア研究は、前期は生田先生が担当してくださっています。

生田先生は製本装丁・古文化財、美術工芸品保存修復を専門にしていらっしゃる先生で、紙のことや日本の歴史・思想についてとても詳しいです!

製本装丁の為の和紙の張り込みといった専門的な授業以外にも、鴨川今昔、ダンディズムについての講義もあります。

 

今日はエロティシズムについての授業です。

撮影時はバイロス画集についの講義をしていらっしゃいました。

 

●生田先生。イケメンです。

_MG_4082

(●お父様は生田耕作さん!ご存知の方もいらっしゃるでしょうか・・・イケメンです!)

_MG_4101

 

たくさんの作品の資料を紹介していらっしゃいました。

確かにエロティックではありますがとても美しい作品ばかりで、その描写の細かさや、

周りの装飾の美しさが印象的でした。

 

これからもどんどん面白い講義をしてくださる予定なので、私も楽しみです!

 

 

 

さてお次は2年生です。

 

●2年生の教室へ・・・

_MG_4095

 

2年生のキャリア授業は、前期は通常授業と同じく制作をしています。

その中で、ただ日本画を描くのではなく、テンペラや、フレスコ画など、色々な表現にチャレンジしています!

その手のプロである青木先生を中心として授業が進んでいます。

今日はデトランプという、卵を使用しない水溶性絵画技法を実習していました。

油絵具が完成するまでのヨーロッパ絵画の大部分はデトランプだったんだそうです!

 

●チームに分かれて制作をしています

_MG_4097

●モチーフはくしゃっと丸めたコピー用紙です

_MG_4098

●今日は田中先生が指導して下さっていました!

_MG_4099

 

どんな作品が仕上がるのか楽しみですね!

 

 

 

最後は1年生!

 

●1年生の教室

_MG_4086

1年生のキャリア研究は、前期は普段は模写クラスを担当して下さっている中神先生が講義をして下さいます。

中神先生は修復を専門に、日本の工芸史や、絵画史についてとても詳しい先生です。

先生の秘宝である壺や、陶器などの貴重な骨董品をよく見せてくれます!

今日は、半年続きでしている日本絵画史についての講義です。

 

●曼荼羅について語る中神先生

_MG_4089

●資料もたくさん作ってくださいました

_MG_4087

●皆マメにメモをとっています・・・

MG_4094 (1)

 

現代だけではなく過去の作家たちや作品を知ることによって、自身の作品や考え方にも活かせるヒントがあるはずです。

是非役立ててほしいです!

 

 

以上、3学年分のキャリア授業風景でした!

 

 

 

!ここでお知らせ!

 

来週・6/14(日)は一日体験授業が行われます!

日本画はモノタイプという版画表現を実施します!

普段触れることの少ない表現方法、是非体験しにきてくださいね^^

先生も揃って参加しますので、授業中質問もじゃんじゃん受付ますよ~!

 

●専用サイト

http://www.kyoto-art.ac.jp/opencampus/oc06-14_07-12/

 

●申込みフォーム

https://w2.axol.jp/entry16/kyoto-art/step1?f=52

 

 

皆さんのご参加、お待ちしてます!

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

<276277278279280>

コース・分野を選択してください

BLOG

過去の記事

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。