文芸表現学科

授業風景

  • LINEで送る

2015年7月10日  授業風景

編集長に初挑戦!

 

これは1年生全員の必修授業「マンデープロジェクト」の授業で

各クラスごとに作っている壁新聞だそうです。

 

各クラスでどんな授業を行ったのか、どんな先生がいるのか、

クラスの魅力を発信します。

 

写真で見ると、普通の新聞の様に見えますが…

 

 

1

 

でも、実はこんなに大きな新聞なんです!

 

2

 

この新聞の編集長を担当しているのが

文芸表現学科1回生の井上友里さん(写真)。

 

井上さんは高校生の頃からあるバンドのカメラマンを担当し、

現在もバンドの魅力を伝えるためカメラマンとして活動を続けています。

 

そんな井上さんが、今回この授業を通して編集長に初挑戦しました!

クラス内で文章を書く人、デザインをする人と役割を分担し

その統括を井上さんがしているそうです。

 

井上さんが1番苦労したことはインタビュー文章のまとめ。

「45分間のインタビューの文字起こしをしたのは良いものの、

話の内容が全部良くて、どこを削って良いのかとても悩みました。」と井上さんは言います。

 

3

真ん中の「DADA-interview」を井上さんが担当したそうです。

 

 

しかし悩みながらも、持ち前のガッツで挑戦するのが井上さんです。

 

今よりもっと良いものを作るために

文芸表現学科の先生に実際に新聞を読んでもらい、

色々アドバイスをもらっていました。

 

「完成に向けて文章もデザインもブラッシュアップさせます!」と

熱い意気込みを井上さんは語ってくれました。

 

完成が楽しみですね〜!

 

 

 

 

Print

 

 

今週の7月12日(日)のオープンキャンパスでは

各学科の授業を体験することができます。

文芸表現学科では普段どの様な授業をしているのか

体験してみませんか?

 

7月12日(日)…「面白エッセイ」を書いてみよう!

 

みなさまのご参加、お待ちしております〜!

オープンキャンパスの詳細はこちらから、どうぞ。

 

 

(スタッフ・鈴木真美)

関連記事

<189190191192193>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。