通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2015年12月22日  授業風景

【建築デザインコース】「卒業制作」スクーリング風景

卒業制作のスクーリングは6回受講となっていますが、

10月以降、京都と東京キャンパスで月に1‐2回のペースで続いていて、

約50名の学生さんが2月の最終提出に向けて日夜仕事などと両立させながら頑張っています。

 

卒業制作では自分でテーマを決めて取り組みますので、

その内容や規模、場所などは全員異なります。

学生さんは自分の課題を作品にまとめるのに七転八倒していますが、

教員も実は、多種多様な取り組みに対して経験や知識を総動員して、

世に問える新たなモノになるよう一緒に走っています。

 

01

ノートパソコンやタブレットも持参し、模型や図面を前に教員や同級生と話をしながら発展させていきます。

 

02

模型も次第に大きくなり、最終的には畳1枚分ほどの大きさになる方もいます。

 

03

昨年度の「卒業制作 ディプロマ(発表)」の様子。京都と東京を結んで合評会を行いました。

 

建築デザインコースでは、卒業制作の発表を公開しています。

今年度は、2016年2月14日(日)に行う予定です。

ご興味がある方は、是非いらしてください。

詳細は、1週間前ぐらいに決まりますので、

コースサイトの「建築関連イベントのお知らせ」よりご確認ください。

 
建築デザインコース | 学科・コース紹介

関連記事

<333334335336337>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。