通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2015年12月28日  授業風景

【日本画コース】「日本画Ⅴ-6(風景制作2)」スクーリング

DSC00111

先日まで京都では、風景制作スクーリングの後半6日間が行われていました。

風景制作は、風景写生(6日間)の後、風景制作1(6日間)と風景制作2(6日間)で50号制作を行う

合計18日間のスクーリングです。

叡山電鉄沿線での写生から続く長丁場も、ついに今回で完結です。

 

 

DSC00115

 

教室の様子

 

 

 

DSC00125

充実の写生が本画で活きました

 

 

DSC00127

米田先生と相談しながら

 

 

DSC00132

難しい水の表現にも果敢にチャレンジされる方も多かったですが、

 

 

DSC00144

皆さんそれぞれの表現でよい作品になりました。

真澄先生ご指導の模様

 

 

DSC00158

久野先生ご指導の模様

 

 

 

DSC00170

長丁場、最後には合評で締めくくります

 

DSC00585

吉川先生・米田先生 講評の模様

 

 

皆さん真摯に画面に向き合い、丁寧に制作を進めておられたのが印象的でした。

仕上がった作品も、柔らかい、優しい雰囲気のものが多かったように思います。

受講された皆さんお疲れ様でした!!!

 

このスクーリングをもって、年内のスクーリングは全日程終了です。

月並みなコメントではありますが、一年は本当に早いですね!

歳を開けるとまたすぐにスクーリングという方もおられるとは思いますが、

また次回まで、くれぐれもご自愛下さい。

 

日本画コース|学科コース紹介

 

 

関連記事

<332333334335336>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。