通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2016年1月13日  授業風景

【洋画コース】スクーリング紹介「洋画V-9(抽象)」(東京)

11/27~29と12/18~20の6日間、東京・外苑キャンパスで「洋画Ⅴ-9(抽象)」スクーリングがおこなわれました。

担当の山河全(尊志)先生よりご報告です。

 

先ずは前半の発想からの発展形を含めた、後半の作業や目標のプレゼンテ―ションから入りました。皆さんそれぞれに、油彩などの乾燥を含めて計画があります。

 

IMG_2313

 

プレゼンの後、思い思いの作業にとりかかります。

 

 

IMG_2314

頭に浮かぶ画像を手掛かりにする方や…

 

 

IMG_2315

取材風景をもとに絵具をたっぷりと使い画面に乗せていく方、

 

 

IMG_2316

難しいドンゴロス(荒目麻地)にアクリルで描画挑戦する方法や

 

 

IMG_2318

計画した図面をもとに絵を起こす方法など様々です。

 

 

IMG_2319

心の中に潜む画面を徐々に出していく

 

 

IMG_2320

こちらは、滑りやすいキャンゾール下地に更に絵具を塗り、2日目にはスクロールする風景から…何ができるでしょう。

 

 

IMG_2324

具象的な風景をどんな風に抽象にもっていくのか?

 

 

IMG_2325

ポップなコラージュをエスキースに…

 

 

IMG_2328

エリザベス・マーレイからフランク・ステラへと変化します。

 

 

IMG_2363

滲みばかりでは、こんな作業も新鮮になります。

 

 

IMG_2385

ということで過ごした三日間でしたが、皆さんそれぞれに充実した進展をみせてくれたので、
最後は合評で互いの感想も述べ合い、ひとつの達成感があったことと思います。

構成的な作品もそれぞれに表情が豊かです。

表現的な方法論にもそれぞれの個性が表れています。

 

ともかく、前後半6日間のスクーリングで抽象について学びましたが、それぞれの方がなんとなく何かを掴んだように思えます。少なくとも抽象を見る目が変わったことは確実でしょうが、無理に抽象を目指すのではなく、ここで体験した絵具という特性をしっかりご自分の表現で生かせるよう努力していただければと思います。

インフルエンザの季節になり、だんだんと寒くなります。
皆さんお身体大切に!

 

洋画コース|学科・コース紹介

関連記事

<328329330331332>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。