通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2016年1月29日  授業風景

【和の伝統文化コース】伝統文化実践Ⅱ-1a 伝統邦楽1」スクーリング風景

1月22日~24日の3日間、「伝統文化実践II-1a 伝統邦楽1」のスクーリングがありました。箏と三味線という、近世邦楽を代表する楽器を中心に、その歴史や音楽的特徴を実技のワークショップを交えて学びました。

ここでは、2日目に行なわれた箏のワークショップの様子をご紹介します。

image1

講師の先生はフィリップ・フラビンPhilip Flavin先生。フラビン先生はアメリカのUC Berkeley大学で民族音楽学を学び、現在は日本で演奏と研究をされています。

 

学生の皆さんは、初めて箏に触れる方がほとんどです。どのような音が出るのでしょうか。ワクワクしながら楽器の前に座ります。

image2

楽器の扱い方についての説明。皆、真剣に聞いています。

image3

箏の大きさは180センチ程あります。思ったよりも大きいですね!そのどっしりとした姿は龍に見立てられ、向かって右手側が龍の頭部、左手側が龍の尾部とされています。

楽器には13本の絃が張られ、絃1本ずつに箏柱というフレットが立てられて音の高さが整えられています。右手の親指・人差し指・中指に箏爪をはめて、箏爪で絃を引っ掛けるようにして弾きます。

image4

素晴らしい音色が教室いっぱいに響きました。「六段の調」という古典曲の冒頭の部分を演奏しています。そして、楽器にふれながら、楽器の構造、楽譜の読み方、基本的な音楽理論(音階・曲の構成等)などについてもじっくり学びました。

実技を体験することで、芸能の世界への皆さんの視線は一段と深まったように感じられました。

 

さて、今年度のスクーリングはこの科目にて終了です。次年度も、茶道・生け花・書道・能楽・歌舞伎・日本舞踊など、さまざまな伝統文化をワークショップで体験しながら学べるスクーリングが待っています。どうぞお楽しみに!

 

【コース学習相談会のお知らせ】

2月21日(日)17:00~18:30まで、東京外苑キャンパスでコースの学習相談会が開かれます。日頃の学習の状況や疑問などを一緒に話し合いませんか。また、尺八演奏家の渡辺元子さんをお招きして演奏と解説をうかがうスペシャル企画もあります。在校生・卒業生・入学希望者の皆さん、ご参加をお待ちしています。事前申込不要・参加自由です。

 

 学科コース紹介|和の伝統文化コース

関連記事

<321322323324325>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。