通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2016年2月3日  授業風景

【芸術教養学科】フライングカフェで見学会

横浜の三渓園

 

 

こんにちは。芸術教養学科の野村です。

オフラインでの交流の一端として、前回は忘年会の様子をご紹介しました。FlyingCafeはそれだけではなく、学生たちが主体的に学びたいという内容や場所へ行き見学会も行っています。今回は三渓園での見学会を紹介したいと思います。

 

三渓園は横浜市中区本牧にあります。最寄りの駅はJR根岸駅です。明治の実業家であり茶人でもあった原三渓が全国から蒐集した建造物などを配置した庭園です。

建造物は、国の重要文化財に指定されているものや、市の指定有形文化財に指定されているものもあります。

芸術教養学科では、地域のデザイン・芸術活動や文化遺産など、さまざまな文化資産をどのように維持して活用していくべきかを卒業研究のレポートで考察します。その事例として三渓園について取り上げる学生も多く、2016年1月9日に見学会を実施しました。

参加されたのは26名+お子さん2名。在学生と卒業生。そしてそのお子さんたちです。

 

幹事を勤めて下さった水谷さん

 

園内では、今回の見学会の発案者であり幹事を勤めて下さった水谷さんが、同輩の学生の皆さんへ説明をしつつ見学しました。

 

03_三渓園2

 

三渓園に遺されている建造物そのものが文化資産であることはいうまでもありませんが、それを蒐集し庭の中に配置している、近代の庭園としての文化遺産という側面もあります。

また原三渓は庭園を開放し、文化資産をパブリックなものとして位置づけています。

こうした様々な側面を持つ文化資産をどのように保存・活用していくのか。今回は特別に

公益財団法人 三溪園保勝会の羽田雄一郎先生にもミニ講義をして頂き、学生も熱心に聴きいり、質問もしていました。

 

04_羽田雄一郎先生ミニ講義

芸術教養学科ではインターネットで学ぶ科目群の他、このように学生が主体となった勉強会が積極的に開催されています。

こうしたFlyingCafeは東京や関西で隔月開催され、また学生間でのオフラインの勉強会は全国各地でも行なわれています。

 

そして終わった後は、今年最初ということで新年会です。一次会、二次会と、学生間での学びの交流を深めておりました。大学で行うことは学びだけではありません。この写真は二次会での一枚です。在学生・卒業生が愉しく様々な話題で盛り上がっていました。

 

05_懇親会

科目だけではなく、様々な学びや愉しみがあるのが芸術教養学科です。

興味を持たれた方は是非、入学説明会にお越し下さい。

どのような学びが待っているのか。ご説明したいと思います。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

芸術教養学科|学科・コース紹介

過去の記事はこちら

<319320321322323>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。