通信教育部

イベント

  • LINEで送る

2016年3月16日  イベント

【空間演出デザインコース】卒業制作展レポート

皆さまこんにちは。

空間演出デザインコース(空デ)研究室の川合です。

お元気にお過ごしでしょうか?

寒くなったり 温かくなったりと、まさに三寒四温の毎日ですが、今日はホットな話題をお届けしたいと思います。

 

現在、通信教育部の卒業制作展が絶賛開催中ですが、その開催初日である3月13日(日)に、尾池学長が全コースの出展作品をひとつひとつ時間をかけて(何と4時間ぶっ通しで!)ご覧になり、各学科から1点、学長賞を選出されました。

 

デザイン科の学長賞には、空間演出デザインコースの桐畑淳さんの『BIWAPOGOプロジェクト ー琵琶湖のポイ捨てを無くす環境美化活動ー』が選ばれました!桐畑さんおめでとうございます!!

 

01

尾池学長にプレゼンテーションする桐畑さん

 

 

桐畑さんは滋賀県在住で、魚釣りや琵琶湖が大好きな地元愛に溢れる男性です。このプロジェクトでは、地元の人たちを悩ます琵琶湖のゴミのポイ捨て問題に対して、ゴミ拾いが楽しくなり、且つ琵琶湖の生態系を学ぶこともできるキットを開発されました。ひょっとすると数年後には、このキットを持った人たちが琵琶湖岸を散策しているかもしれませんね。この卒業制作がきっかけとなって、今後も活動が発展していくことを研究室一同応援しています!!頑張れ!桐畑さん!!

 

02

 

 

03

04

桐畑さんの展示風景

 

 

そして、このほかにも空間演出デザインコースからは22名、デザイン科全体では総勢119名の皆さんの力作が一堂に会しています。たくさんの夢が詰まったデザインに触れることのできる貴重な機会です。大学で実物作品が展示される卒業制作展は京都・瓜生山キャンパスで3月20日(日)16時まで。ご来場いただけない方でもご覧いただけるデザイン科WEB卒業制作展は6月30日(木)まで公開していますので、ぜひご高覧ください!!

 

デザイン科WEB卒業制作展

 

05

空間演出デザインコースの展示風景その1(人間館NA309a教室)

 

06

空間演出デザインコースの展示風景その2(人間館NA309b教室)

 

 

それでは、皆さまお元気で!

 

空間演出デザインコース | 学科・コース紹介

関連記事

<303304305306307>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。