美術工芸学科

ニュース

  • LINEで送る

2016年5月26日  ニュース

【日本画】1年生の運筆

こんにちは!

日本画コースです。

 

京都は晴れ間が続いており、何だか夏を感じます。

絶賛観光日和!

修学旅行生がうらやましいです。。。

 

 

 

さて、今回は1年生の運筆の授業を覗いてきました。

 

運ぶ筆・筆の運びと書いて運筆。

まさに筆の運び方を勉強する授業です。

この授業では毎年、円山四条派の運筆をご指導して頂ける塚下先生にお越し頂いています。

 

●塚下先生、毎年初回は袴姿で来てくださいます。かっこいい!

_MG_5189

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは画像などを見ながらレクチャーを受けます。

 

●皆真剣に聞いていますね

_MG_5191

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後実践に入ります。

塚下先生のお手本を見ながら、それと同じものを書いていきます。

これが難しい!

 

手首のスナップを使用したり、指を使って筆をうまいこと回転させないと

綺麗な円が描けません。

今までやったことのない運筆に、皆苦戦しながらも一人何十枚もトライしていました!

 

●枚数を重ねるごとに上手くなっています

_MG_5201

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

_MG_5202

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●次は葉に挑戦!

_MG_5193

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●先生の筆運び・・・流れるようですね

_MG_5196

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運筆の授業は2週間ほどありました。

 

他の美大では恐らく体験できないであろうことを、専門の先生から直に学ぶことが出来た

良い体験になったと思います。

この筆の運びを、是非今後の制作で活かしていってほしいですね^^

 

以上、日本画コースでした。

 

 

 

 

関連記事

<168169170171172>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。