通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2016年8月20日  授業風景

【日本画コース】人物制作スクーリング報告

こんにちは、通信日本画コースです。東京での3年次スクーリング「日本画V-2(人物制作2)」の様子をご紹介します。
6~7月にかけて行われた人物写生スクーリングでの取材をもとにした、本画制作が始まりました!
今回の作品サイズは50号という事で、これまでに比べると大きなサイズの画面。
水張りも大きな麻紙を裏返さずともできる、表から水を引く実習からスタート。
作業の合間合間で、教員のデモンストレーションをはさみながらの授業となりました。
                                                             表から水を引く、水張りのデモンストレーション(手前左、兼先生・手前右真鍋先生)
P1050089
                  皆さん一斉に水張り!
P1050108
                真鍋先生のデモンストレーション
P1050121
                  行近先生のデモンストレーション
P1050198
                 制作に集中していらっしゃいます!
P1050268
                楽しそうに描いていらした様子を一枚。
P1050270
            細かい作業も、意欲的にこなしておられます。
P1050274
                  皆さん、順調に進んでいます!
P1050271
               じっくり悩むのも、制作にはつきもの。
P1050276
            授業の途中で、デモンストレーションと図書の紹介など。
P1050278
                 行近先生(左)ご指導の様子
P1050287
                  熱意が伝わってきます!
P1050292
大画面に臆することなく、楽しげに制作なさっているのはさすが!
制作枚数を重ねてきた3年次の科目ならではの風景!
困難に直面しても、教員のデモンストレーションや、相談、教員と学生が一緒になっての工夫で乗り越えつつ、皆さんのびのびと表現に励んでおられたのが印象的でした。
                 行近先生(右)ご指導の様子
P1050293
                    真鍋先生(左)ご指導の様子
P1050330
                  最終日、個別指導の模様
みなさん、また次のスクーリングでお会いしましょう!
P1050341
今回のスクーリングで制作の前半が終了。
次回の授業、制作後半(日本画Ⅴ-3)へと続きます。
完成が楽しみです!!

日本画コース|学科コース紹介

 

日本画コースブログ

関連記事

<248249250251252>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。