通信教育部

イベント

  • LINEで送る

2016年8月31日  イベント

【陶芸コース】京都 五条坂陶器まつり

 

8月7日から10日にかけて開催された京都の夏の風物詩、「五条坂陶器まつり」に通信教育部 陶芸コース

の在学生、卒業生、教員の有志で出店しました。

「五条坂陶器まつり」の歴史は、「精霊迎え 六道まいり」のために六道珍皇寺にお参りに来られる大勢

の人を目当てに安売りをした陶器市がはじまりでした。

現在では、清水焼の窯元、京都の陶芸作家はもとより全国から約400もの出店があり、約40万人もの焼物

ファンが全国から訪れる国内最大規模の陶器市と言われています。

写真1

写真2

陶芸コースからは、在校生、卒業生、教員合わせて8名で作品を持ち寄り出店しました。8名分の作品を

陳列するにはスペースが狭いのでごちゃごちゃとした感じになってしまいましたが、これも陶器まつり

ならではかと…。展示棚や展示方法は今後の課題としました。

また、初めての陶器市なので値段をどうするか悩まれていました。

 

写真3

「五条坂陶器まつり」は酷暑の中、朝10時から夜10時までと長いので交代で店番をしながら4日間を乗

り切りました。特に昼間の当番の方は、本当に大変だったと思います。

 

「五条坂陶器まつり」に出店しようと企画した時、参加者が集まってくれるか、作品が集まるかと不安

でしたが、皆さん、沢山の作品を持参して下さり杞憂に終わりました。卒業後もこんなに沢山の作品を

制作しておられる事は本当に嬉しく思います。

日本有数の陶器市に実際に出店された事は得難い経験になった事と思います。自分の作品の値段の付け方、

お客さんとのやり取り、他の陶芸家がどんな作品をどんな値段でだしているのか、見るだけでは気に留め

ていなかった事が、実際に出店してみると色々と勉強になった事と思います。また、売上も事前予想より

良かったのではないでしょうか。展示棚や展示方法など一から見直し、来年も出店する事を誓いました。

参加者の皆さん、酷暑の中の4日間、本当にお疲れ様でした。

 

陶芸コース教員 西村充
陶芸コース|学科・コース紹介

関連記事

<244245246247248>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。