通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2016年11月18日  授業風景

【和の伝統文化コース】「伝統文化実践Ⅱ-2 伝統邦楽2」スクーリング

こんにちは。和の伝統文化コースです。

和の伝統文化コースでは、いけばな・茶道・書道・能・歌舞伎・日本舞踊などの諸々の伝統文化を広く学びます。何より特徴的なのは、スクーリングでの学びのスタイル。スクーリングでは、座学でおこなう従来の「講義」形式に加えて、「実習(ワークショップ)」も取り入れて、じっさいに身をもって体験していくことを重視しています。

 

今日は、そんな魅力的な、実習形式のスクーリング風景をご紹介します。

 

さる10月14日~16日。東京外苑キャンパスにて「伝統文化実践Ⅱ-2 伝統邦楽2」が開講されました。このスクーリングでは、近代の芸能文化を学びます。近代という時代の歴史的・文化的背景を知るとともに、近代に爆発的に流行った「はやり唄」(端唄、小唄、都々逸、新内節、学校唱歌、童謡など)の生まれた過程や特徴を捉えていきます。

 

実習では、寄席で使う三味線の演奏を体験しました。

image1

 

 

講師の先生は、寄席音曲の演奏家の柳家小春先生。学生の皆さんは、初めて三味線に触れる方がほとんどでした。楽器の構え方、バチの持ち方、楽器の扱い方、演奏理論などの説明を受けます。皆さん、熱心に耳を傾けて、メモを取っていました。

 

image2

初めてということで、最初は少し緊張気味でしたが、楽器の音色が響くと夢中になって演奏していました。実習の最後に、「楽しかった!」と笑顔になっていたのが印象的です。

 

実習を経たことで、芸能の世界への皆さんの視線は一段と熱く、深まったように感じられました。講義を聞いたり、文献を読んだりするだけでは分からないことも、体験することで実感を伴って理解でき、学びの視野がひらけていきます。そうして「伝統文化」のいまある姿を動的に見つめ、その「心」を感じ取っていく…。和の伝統文化コースでは、このような「講義」と「実習」の両輪による学びを大切にしています。

 

さて、秋はスクーリングの繁忙期。このあとも、日本庭園、焼きもの、声明、花道、歌舞伎…とスクーリングが続きます。楽しみです。

 

《お知らせ》

和の伝統文化コースでは、2017年度学生募集に関連したイベントを今後も予定しています。

皆様、ぜひご参加ください。

 

11月23日(水・祝)13:00~ 東京外苑キャンパス

4学科教員による特別授業&卒業生ゲストトーク

http://www.kyoto-art.ac.jp/t/news/91/ ←お申込みはコチラ

 

12月4日(日)12:00~ 瓜生山キャンパス 入学説明会

 

12月11日(日)12:00~ 東京外苑キャンパス 入学説明会

 

 

 

和の伝統文化コース | 学科・コース紹介

関連記事

<167168169170171>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。