通信教育部

ニュース

  • LINEで送る

2016年11月24日  ニュース

【芸術教養学科】「秋の1日体験入学」のご報告

 

01_geikyou_taiken

みなさん、こんにちは。芸術教養学科の教員、加藤志織です。今回は、11月13日(日)に京都の北白川にあります瓜生山キャンパスでおこなわれた「秋の1日体験入学」の様子をご報告します。

 

参加者のみなさんには、まず入学式に出席して全体説明を受けてもらい、つぎに希望の学科・コースにわかれて体験授業に臨んでいただきました。体験授業では、芸術教養学科の教育目標を知っていただく意味もあり、最初に「芸術とは何か?」について参加者全員で考えていただくワークショップを実施、続いて当学科のコース説明をした後に、「芸術を生活に活かす」と題した講義をしました。

 

02_workshop-1

わたしたちの学科は芸術を広く解釈し、教養として学んでいただくところです。普通、芸術というと多くの人が、絵画・彫刻・建築といった美術(造形芸術)、もしくは文学や音楽を連想されます。しかし、芸術教養学科では、コミュニティ、時間、ワークショップなどのデザイン、さらに祭礼や年中行事といった伝承文化、庭園、部屋の設え(しつらえ)なども芸術に含めて考えます。

 

03_workshop-2

「秋の1日体験入学」では、最初にワークショップをおこなうことによって、芸術の定義についてみなさんに考えていただいた上で、なぜ本学科では芸術を広く解釈するのか、その理由をお伝えしました。

 

そもそも「芸術」は、西洋でも日本でも、古くは「技術」を意味する言葉でした。それが、近代以降になると、天才と呼ばれるような一握りの人びとが、類稀なる美的感性や斬新な着想に基づいて制作した作品を指すようになります。ちなみに「美術」は、そうした作品のなかでも、とくに絵画・彫刻・建築を示すために近代になって西洋でつくられた語です。したがって、「芸術」のもともとの語義が、人間がより良く生きるための技や知恵であったことを忘れてはいけません。

 

わたしたちの学科が、コミュニティのデザインや伝承文化などを芸術に含めるのは、優れた美術作品を鑑賞して感動することに加えて、広い意味での芸術がもっている力によって、実生活や身のまわりの環境をより快適で豊かなものに変えたいからです。実際に、そうした取り組みがこれまでに実行されてきました。その一例が柳宗悦(やなぎむねよし、1889~1961)によって提唱された民芸運動(民芸とは民衆的工芸)です。

 

04_mini-lecture

そこで「秋の1日体験入学」の講義では、「芸術を生活に活かす」と題して、柳の思想と民芸運動の概要を説明し、その可能性と問題点についてお話しました。ワークショップ、芸術教養学科のコース説明、講義、トータルで3時間におよびましたが、参加者のみなさんには最後まで楽しんでいただけました。

 

今後も同じような入学希望者のためのイベントをいくつか予定しています。まず、12月には京都(瓜生山キャンパス:12月4日)と東京(外苑キャンパス:12月11日)で入学説明会を開きます。本学科のコース説明はもちろん、京都会場では「造形芸術と社会」、東京会場では「伝統をたずねて、デザイン思考を知る」というミニ講義をそれぞれおこないますのでぜひおこしください。お待ちしています!

 

 

芸術教養学科|学科・コース紹介

過去の記事はこちら

<215216217218219>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。