通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2016年12月15日  授業風景

【陶芸コース】卒業制作(焼成)スクーリング

今回の陶芸コースのブログは12/10~13に行なわれた卒業制作のスクーリングの風景です

作品への釉掛けと窯詰めが主な内容でしたが、このスクーリングでは共同作業や仲間に手伝ってもらう場面も多々あります。そんな場面を集めました。また教員が制作指導をしている場面も集めました。

 

コンプレッサーを使っての釉掛けを指導しています。大きな作品なので屋外に持ち出して作業しました

①コンプレッサーを使っての釉掛けを指導しています。大きな作品なので屋外に持ち出して作業しました

 

2

②作品の底を仕上げるために手伝ってもらっています

 

3

③大きな作品を流し掛けで施釉する方法を指導中です

 

4

④こちらもコンプレッサーでの釉吹き付けの指導中です

 

5

⑤  作品に関する質問を教員が受けています

 

6

⑥マスキングをして釉を吹き付ける方法の確認中です

 

7

⑦こちらは教室内の吹き付けブースでの使い方の説明をしています

 

8

⑧いよいよ窯詰です。大きな作品は一人では窯に入れられません

 

9

⑨ 窯詰は基本的に制作した本人が行います

 

10

⑩こちらはガス窯の窯詰です。窯から引き出した台車の上に作品をセットしていきます

 

11

⑪ 大きな作品を7人がかりで運び、窯詰めします

 

12

⑫いよいよ、台車を窯の中に押し込んで窯詰め終了です

 

陶芸コース|学科・コース紹介

 

陶芸コースブログ

関連記事

<205206207208209>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。