通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2016年12月26日  授業風景

【空間演出デザインコース】「卒業制作5」スクーリングのご紹介と特別講義のご案内

皆さんこんにちは。
空間演出デザインコース(空デ)の川合です。
今年も残すところあと数日。あっという間の一年間でした。皆さんの一年間はいかがでしたか?
さて、今日は12月10、11日に開催した卒業制作5(東京)のスクーリングをレポートいたします。

 

卒業制作では、空間演出デザインコースの学びの集大成として、約1年間をかけて社会に向けたデザイン提案に挑戦します。スクーリング6回(12日間)とテキスト科目2課題を通して、各自の問題意識からテーマを絞り込み、スタディを繰り返しながら制作し、最終審査(1月下旬)のプレゼンテーションを迎えます。

photo01

今年度の東京は11名の皆さん

「各自の問題意識からテーマを絞り込み」という点が難しくもあり最もやりがいのあるところで、これまでの科目では、こちらから与えられた課題に取り組んでいましたが、ここでは自ら課題を見つけ出す必要があります。

photo02

最終審査に向けての調整中

自らの問題意識もなく、闇雲に提案することはデザインとは言えませんし、その問題意識がズレていれば社会の共感も得られないでしょう。デザインは広く受け入れられるものであるべきだと思います。そのためにスクーリング中には何度も「本当にこれは必要なの?」と提案の意義が確認されます。自分が良いと思っていても相手はそう思わないこともあります。独りよがりになってしまっていないか、客観的な視点をしっかり持って提案することが求められます。

photo04

提案がより良いものになるためにアドバイス中。

今年度の卒業制作には京都15名、東京11名の総勢26名の皆さんが着手されています。いよいよ年末年始を挟んで、1月29日は最終審査です。悔いのないように全ての力を出し切って臨んでいただきたいと思います。体調管理に気をつけて、頑張ってください!

 

【空間演出デザインコース特別講義のご案内】
空間演出デザインコースでは、 1月に京都、東京で特別講義を開催いたします。事前申し込み、参加費不要。他コースの方、一般の方、どなたの参加も大歓迎ですので、ぜひお越しください!!

photo05

京都は1/21(土)、乾陽亮先生!

京都
———————————————
日時:1月21日(土)18:00〜19:30
場所:京都瓜生山キャンパスNA402
講師:乾陽亮先生
———————————————
大阪で活躍中のデザイナー乾陽亮先生に「伝統工芸とデザインのアンビバレント」をテーマにお話しいただきます。様々なデザイン分野を横断的に活躍される乾先生が現在取り組んでいるのが伝統工芸産業とデザインのコラボレーション。これまで手掛けたデザインやその誕生秘話を生々しく紹介いただきながら、これからのデザイナーの役割について考える機会にできればと思います。

photo06

東京は1/14(土)、榊田倫之先生!

東京
——————————————-
日時:1月14日(土)18:00 ~ 19:30
会場:東京外苑キャンパス(教室は当日掲示)
講師:榊田倫之先生
——————————————-
東京会場のスクーリング「空間演出デザインV-2(ショップデザイン)」、「空間演出デザインV-3(ライティングデザイン)」をご担当いただいている建築家の榊田倫之先生に「素材・空間」についてお話いただきます。言うまでもなく空間は、複数の素材を組み合わせて形作られていて、その組み合わせの妙が空間の魅力を決定づける一要素となります。「IZU PHOTO MUSEUM」(2009年・静岡)「OAK 表参道・茶洒金田中」(2013年・東京)「Glass Tea House」(2014年・ヴェネチア)など、榊田先生がこれまで手掛けられた国内外の空間は、われわれの想像を超えるこだわり抜かれた驚きの素材で構成されています。特別講義では、そうした空間を構成する素材にスポットを当て、建築家の考える素材と空間の関係について、最新プロジェクトの報告も交えながら、縦横無尽に語っていただきます。普段から素材表現を追求している空デの皆さんには大変刺激的な講義となるでしょう。

 

【おまけ】
毎年恒例となっている空間演出デザインコース在学生主催の大忘年会が12月17日(土)に京都で開催されました。今年も総勢70名近い卒業生、在学生が参加。空デらしく、すき焼きを食べながらもそれぞれお手製の作品やポートフォリオを持ち寄り、一年間の活動を労うというホットな宴。いつも幹事役を買って出てくれるOさん、お疲れ様でした!

 

photo07

各自、オリジナルの名札を作ってくる課題が。趣向を凝らした名札を審査中

photo08

中には教員メンバーを美化してくれた名札もありました!

photo09

手作り作品が当たるじゃんけん大会では、まさかの寺尾先生が勝利の図。(皆さん大笑い)

 

それでは、皆さん良いお年をお迎えください。皆さんにとって素晴らしい一年でありますように!!

 

 

空間演出デザインコース | 学科・コース紹介

関連記事

<153154155156157>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。