通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2017年1月13日  授業風景

【情報デザインコース】流通する媒体を通して、瞬時に惹きつけるイラストレーションでメッセージを発信する。

2年次スクーリング「メディア表現1」のご紹介

 

この授業ではフリーペーパーという媒体を扱い、企画内容からイラストを用いた表紙デザインまでを考えます。

東京の地下鉄駅内で実際に配られている「METRO min.」を題材に、デザインとイラストレーションの関係について学びます。

写真_01
写真_02
写真_03

まず、事前課題である「あなたの好きな料理店」というテーマから、それぞれが集めてきたお店の情報と雑誌の表紙に添えるキャッチフレーズを発表することからはじめます。

実際に存在するお店以外にも「こんな設定の料理店があったら」と言った架空のお店もあがりました。

写真_04

その後、表紙にレイアウトされるロゴを透明フィルムに印刷したものを置きつつ、実際のレイアウトをイメージしながら作業を進めていきます。
「METRO min.」は地下鉄の駅構内で平積みされるという理由からロゴの位置は底部に置かれていますが、それを踏まえた上で表紙レイアウトをどうするのかが今回の課題のポイントとなります。

写真_05
写真_06

完成した作品はプロジェクターに映して、ひとつひとつ講評していきます。
コメントとともに、「もう少しこうしてはどうか」という改善点を実演しながらアドバイスをしていきます。
ロゴの色やイラストの配置を変えるだけでも、印象はガラッと変わりますね。

写真_07
写真_08
写真_09

写真_10

フリーペーパーという媒体について考えた時にその設置のされ方、手に取る人の年齢層などによっても表紙のレイアウトやイラストの方向性は大きく変わってきます。表紙のイラストレーションには、掲載されるタイトルロゴと関係しながら読者を惹きつけ瞬時にメッセージを発信するという役目が求められます。

今回、学生さんの中で多く聞かれた意見で、実際に世の中に流通しているメディアを取り扱えたことがとても嬉しく、良い経験になったという内容がありました。
二日間の授業期間中に、実際に地下鉄を利用して通われてくる方が最新の「METRO min.」を持って来られたり、課題への姿勢も意欲的で、楽しまれている様子だったのがよかったです。

 

 

業務担当非常勤講師 山崎由紀子

 

 

 

 

情報デザインコース | 学科・コース紹介

<196197198199200>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。