通信教育部

ニュース

  • LINEで送る

2017年1月31日  ニュース

【染織コース】スクーリング「腰機で帯を織る」完成作品紹介

みなさんこんにちは。通信染織コースです。2月に入ると今年度最終のスクーリングシーズンとなります。厳しい寒さも少しゆるんで染織に集中できる時期となりました。

授業の中にはスクーリング後に自宅で作品を仕上げるものもあります。「腰機で帯を織る」もその一つです。

 

この授業は1年次に履修します。ほとんどの学生が初めてか、二度目に取り組む織物です。

織っている様子はこちら。

 

写真1 写真2

長机に経糸(たていと)を取り付けて織っています。織っている側の糸の端は丸い棒に通してロープをかけ、腰で引っ張っています。足をかけているのは糸をぴんと張るためです。経糸の張り具合は織物にとってとても重要です。張ったり緩めたり、ちょうどよい張り具合になるように身体を前後に動かしながら織ります。 ちなみにこの長机はとても重宝で、腰機の経糸を取り付けたり、簡易の整経台を取り付けて整経(経糸の準備作業)をしたり、脚部を折りたたんで着物や屏風の展示台にしたり、絣を括るための台にしたりしています。 慣れないうちはなかなか織り進みません。そのため3日間の授業が終わったら続きは自宅制作です。 まずは自宅で経糸を取り付ける場所を探します。昔ながらの大黒柱があれば理想的ですが、現代の住宅にはほとんどありませんね。でも大丈夫。食卓をはさんで椅子の背もたれに取り付けたり、キッチンカウンターの端に取り付けたり、あまり使わなくなったエクササイズ用のバイクに取り付けた人もいました。探せば必ずありますよ。クランプや紐を駆使してしっかりと固定します。 自宅ではテキスト科目や他のスクーリングの事前課題など、しなくてはならないことがたくさんあります。一日のうち短くていいので織る時間を決めておくのが織り続けるためのコツです。 完成作品はこちら。

 

DSC_0001 DSC_0001s DSC_0002 DSC_0004 DSC_0006s DSC_0007s DSC_0008s DSC_0009s DSC_0010s DSC_0044s DSC_0070s DSC_0100s DSC_0101s DSC_0172os DSC_0172s DSC_0173s DSC_0174s DSC_0177 DSC_160708s

長さは4メートル前後です。

 

通信染織コースブログで完成作品をご紹介しています。

http://tsushinsenshoku.blogspot.jp/

(ラベルは作品紹介)

 

織物は時間がかかります。一段一段のよこ糸を織り込んでほんの少しずつ進んでいきます。はじめのうちはなかなか進まず「いったいいつ織り終わるのだろう?」と思ってしまうのですが織っているうちにどんどん早くなっていきます。

人間の手仕事は慣れるに従って驚くくらい早く、また美しくなっていくのです。そんな織物の心髄に触れることができる課題です。

 

 

 

染織コース | 学科・コース紹介

染織コースブログ

 

【芸大の学びが体験できる入学説明会開催!(予約不要・参加無料)】

http://www.kyoto-art.ac.jp/t/briefing_feb/

 

関連記事

<190191192193194>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。