通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2017年3月29日  授業風景

【陶芸コース】卒業・修了制作展

卒業式も終わり、新学期への準備に追われる日々ですが、3月12日から3月19日までギャルリ・オーブで開催された卒業・修了制作展を紹介させていただきます。1年間をかけて制作された修了制作作品4点と卒業制作作品29点が一同に展示され見応えのある展覧会となったと思います。

 

【写真1】

写真1

【写真2】

写真2

 

院・学部33点の作品の中から学部の受賞作品を紹介させていただきます。

 

 

【写真3】「コロニー」

写真3

こちらは優秀賞を受賞した作品、原始の生命を感じさせ、土という素材が持っている強さをうまく表現していると思います。

 

 

【写真4】「祈りのテーブル」

写真4

陶芸コースでは今まであまり見られなかったテーブルコーディネートをテーマにした作品です。

 

 

【写真5】Suiryu-no-Rock

写真5

 

オブジェとファニチャーの両方の要素を持った作品です。

 

 

【写真6】Smile

写真6

 

こちらの作品は、半乾燥状態の作品に磨きをかけて造られた手間のかかった作品です。

 

 

【写真7】「都会のタマゴ」

写真7

本物と見間違うほどリアルに造形されています。

 

 

【写真8】「天までとどけ!」

写真8

綿密なプランニングと高い技術力で制作されています。

 

 

 

惜しくも受賞をのがした作品をいくつか紹介させていただきます。

【写真9

写真9

瀬戸内海をテーマにした色彩のきれいな壁面作品です。

 

 

【写真10】

写真10

実物大の茶器と精巧に作られたミニチュアの茶器を同時に展示されています。

 

 

【写真11】

写真11

この作品は、愛らしい動物に目がいってしまいますが、温暖化をテーマに氷が融けて動物たちが住む場所をうばわれていく様子を表現されています。

 

皆さま、本当にご卒業おめでとうございます。また、お会いできること楽しみにしています。

 

陶芸コース|学科・コース紹介

陶芸コースブログ

<166167168169170>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © Kyoto University of the Arts

閉じる

ABOUT

京都芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科23コース、通信教育部4学科14コース、大学院、認可保育園こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。