通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2017年5月23日  授業風景

【写真コース】スクーリング紹介

東京外苑キャンパスで今年度最初のスクーリング「写真Ⅱ-1(撮影基礎1)」が行われました。

こちらの授業は、カメラの基本的な操作、撮影技術を学ぶものでした。

今年度入学された方が多数をしめ、プロカメラマンから全くの未経験者まで写真経験は様々です。授業は初めて聞く事、忘れていた事、

曖昧なまま理解していた事など1つ1つ丁寧にしっかりと講義から始まりました。

001002

 

スクーリングは2日間行われます。

初日は座学の後、撮影実習に入りました。

実習はシャッタースピード、絞りを変化させるとどのような効果が得られるのかが分かるもの、というテーマでした。

 

今年度、初回授業の天気は雨。

キャンパス内で撮影できるものをみなさん考え、撮影に挑みました。

果敢にも外に出ていかれる方もいらっしゃいました。

003004

005

 

撮影に不慣れな方は、随時先生へ相談したりご自身のメモを見直し、写真の基礎をしっかりと押さえる所からでした。

慣れない数字や組み合わせに戸惑う方もいらっしゃいましたが、今後も必要となってくるものですし、難しいのは最初だけ。

何事も最初だけは難しいのが世の常だと感じました。

 

006

007

 

2日目はくもり。

なんとか天気は回復し前日の撮影内容と事前課題の合評からスタート。

事前課題とは全てのスクーリングに出される、受講前に取り組んできてもらう課題です。ご自身で作業をしてもらうので、先生はスクーリング当日そちらの内容も合評で見ていきました。

008

 

合評が終わり、再度撮影実習に入ります。

今度はレンズ効果についてでした。

広角、望遠レンズの特性が分かるものというテーマです。

こちらは前日より頭を悩ます方が多かったように思います。

広角レンズで何を撮ればいいのか?望遠レンズも同様に。

どういったものをそのレンズで撮影すればいいのかが分からず悩まれた方が多くいらっしゃいました。

 

009

 

010

 

撮影が終わり、合評をして授業は終了しました。

初めてのスクーリングで不安だった方も多かったと思います。

初日は天気にも恵まれませんでしたがみなさん一生懸命、楽しそうに受講されていました。

授業後「頭がパンクしそうです」とおっしゃって帰られた方がいらっしゃいましたが、その表情は笑顔だったのがとても印象的でした。

 

写真を学ぶ最初の1歩となった今回のスクーリング。

技術的なものは撮影を続ければ必ずあとからついてきます。すでに分かっている方は、何を撮影するかという着眼点はご自身の判断です。

みなさんに共通してまず楽しむという、非常に原点的なスクーリングになりとてもよい2日間だったように思います。

 

これからも様々なスクーリングでお会いできるのを楽しみにしております!

 

 写真コース | 学科・コース紹介

 

 

関連記事

<148149150151152>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。