通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2017年8月1日  授業風景

【写真コース】「写真I-2(デジタル基礎)」スクーリング紹介

写真コースの1年次配当スクーリング、「写真I-2(デジタル基礎)」が、71日(土)~2日(日)と8日(土)~9日(日)の2日間ずつ、京都で行われました。

授業内容は同じです。今回は2回開催された授業をまとめてご紹介いたします。

 

担当は三島淳先生です。

まずはスライドを見ながら、カメラの設定での写真の効果の違いや、プリンターや用紙についての違いについて学びます。

 

画像1

そして、午後から行われる課題撮影に向けて、カメラの設定の説明が行われました。

持参されるカメラの種類は様々ですので、設定の仕方がそれぞれ違います。ここは慎重に、ちゃんと自分のカメラを使いこなせるように一人ひとり説明をします。

画像2

さあ、いよいよ課題の撮影です。

いくつかある課題に適した場所を探し、みなさん学内を歩き回り撮影をしていきます。

重い機材を持ち、暑い中での撮影ですが、どの方も真剣な眼差しで撮影をされていました。

「休憩もとって下さい!と声を掛けないとみなさん延々と撮影をし続ける程の集中力に圧倒されました。

画像3

画像4

 

画像5

画像6

撮影終了後は、先生のパソコンに課題のデータを提出して1日目は終了です。

 

画像7

2日目は、画像データの整理、保存方法についての講義から始まりました。

その後、プリントの仕方を学び、前日に撮影した課題の画像データをプリントしていきます。

画像8

画像9

プリント後は、他の方のプリントを見て回り、合評です。

画像10

画像11

画像12

画像13

 

 

 

 

画像14

プリントをすることにより、カメラやパソコンの画面でだけで見るよりも、よりカメラの設定での効果の違いを認識することが出来た授業だったと思います。

 

 写真コース | 学科・コース紹介

 

 

関連記事

<117118119120121>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。