通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2017年12月27日  授業風景

【陶芸コース】卒業制作―焼成スクーリング風景―

みなさんこんにちは、陶芸コースの西村です。

 

春から制作してきた卒業制作もいよいよ焼成です。

陶芸の作品は、どれだけ丁寧に作っても焼成で割れる事もあります。そのかわりうまく焼成できた時の喜びは言葉では言い表せません。そんな卒業制作の窯詰から窯出までの作業風景を紹介させていただきます。陶芸写真001陶芸写真002

初日は施釉と窯詰です。まず素焼された作品に色々な方法で施釉します。

 

陶芸写真003

窯詰を始める前に、もう一度、窯詰の仕方について復習します。

 

陶芸写真004

ガス窯の1段目に作品が詰まれました。この上にも作品を詰めていきます。

陶芸写真005

神内先生の指導のもと電気窯も窯詰が始まりました。無事に2基のガス窯と5基の電気窯に作品が詰められました。

 

 

陶芸写真006

2日目は焼成です。ガス窯の吹き出し口から出てくる炎をみて還元の濃度を判断します。無事に2基のガス窯と5基の電気窯の焼成が終わりました。後は無事に焼けてくれることを祈るだけです。

 

陶芸写真007

3日目は窯の冷却期間です。その間に特別講師や教員のワークショップがおこなわれました。まず、特別講師の奥村博美先生による紙型を使ったクラフトのワークショップです。

 

陶芸写真008

続いて八木明先生による超絶技巧のロクロのワークショップです。その後、担当教員の神内と西村もワークショップをおこないました。

 

 

陶芸写真009

4日目は、いよいよ窯出です。2基のガス窯の扉が開けられました。

 

陶芸写真010陶芸写真011

ガス窯の台車が引き出され、作品と対面です。きれいに焼けていて安心しました。

 

 

陶芸写真012陶芸写真013陶芸写真014

電気窯も蓋が開けられ窯出しです。もう少しで倒れそうな作品もありましたが、全体的にきれいに焼けていました。作者である学生のみなさん以上に教員がほっとする瞬間です。完成した作品は、3月に開催される卒業制作展で展示されるので、ぜひご高覧下さい。

 

 

陶芸コース|学科・コース紹介

陶芸コースブログ

 

【お知らせ】
通信教育部では、冬の1日体験入学を開催します!!
申込方法など、詳しくはこちら↓↓
http://www.kyoto-art.ac.jp/t/1day_winter/
(今後の開催予定などもこちらのHPで確認できます)

ご興味のある方はお早めにお申し込みくださいませ。
皆さんにお会いできることを楽しみにお待ちしております!

関連記事

<45678>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。