通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2018年2月7日  授業風景

【日本画コース】はじめての模写制作に挑戦!

こんにちは、通信日本画コースです。

 

先日、東京外苑キャンパスでは彩色模写のスクーリングがありました。

*東京では2/18(日)に入学説明会・コースミニ講義を行ないます!このブログの最後の【お知らせ】をご覧ください。

 

この科目では、代表的な作品の中から絵巻物の一場面を選んで模写します。 描かれた当時の絵画表現を追体験していただく授業です。

 

じーっくりとお手本を鑑賞しながら描法を学ぶのもそうですが、 薄い本紙を裏打ちして強度を高めたり、古色をつけたり、天然の顔料を焼いて色合いに渋みを持たせたり、今までの課題にはなかった作業に新鮮さもあったのではないでしょうか? 四苦八苦されながらも、集中して楽しみながら作業をされていました。 今回の学びを今後のご自身の表現にも活かしていただきたいと思います。

                                                       DSC02044

劉先生実演中

この新聞紙でできた巻き棒も、自作しました!

 

                                                       DSC02046

皆さん受験生のように机にかじりついています!集中しています!

お手本は「平時物語絵巻」と「百鬼夜行絵巻」から選んだ一場面です。

 

 

 

DSC02056

藤井先生、木下先生 表具の説明と共に様々な資料を見せてくれました。

 

 

DSC02087

絵具屋「喜屋」さんをお招きし、絵具の講義をしていただいています。

 

 

DSC02105

裏打ちの模様 紙を貼り合わせて強度を高めます

 

 

 DSC02118

板に張り込んだら中に空気を吹き込みます フー!劉先生、素敵ですッ                                                      

 

 

DSC02137

古びたかのような染料による古色もいい感じです

 

 

DSC02145

天然の顔料を焼いて落ち着きのある色合いに

 

 

DSC02147

細かい部分もじっーーーーくり観察です

                                                       

P1040782

最後は合評です。皆さん、お疲れさまでした!

 

 

【お知らせ】
2月18日(日)に、東京外苑キャンパスで入学説明会(コースミニ講義)を開催します!!
今回は「日本画は難しい? いえ… まずは写生からはじめてみませんか。」というテーマで、日本画コースの佐々木るり子先生が日本画についてのミニ講義をおこないます。写生からはじまる日本画の制作過程と材料、多様な表現方法についてお話しします。
ミニ講義終了後は、先生へのご質問やご相談もOKです!

 

事前申し込みは不要です。

詳細はこちらをご確認ください。

(今後の開催予定などもこちらのHPで確認できます)

 

皆さんにお会いできることを楽しみにお待ちしております!

                                               
日本画コース | 学科・コース紹介
日本画コースブログ

関連記事

<7891011>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。