通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2018年2月13日  授業風景

【陶芸コース】卒業制作ー最終スクーリング風景ー

今回の陶芸コースのブログは学年最後のスクーリングでもある「卒業制作スクーリング」をご紹介します。
1年間通して制作されてきた作品の写真撮影と合評のスクーリングです。

1:いよいよ最後のスクーリングのスタートです。
1

2:作品が保管されている添削室へ行き、撮影と合評の会場まで運びます。2

3:撮影の順番が来るまでの間、卒業制作展での展示計画のため、紙で大体の作品サイズがわかる小さな箱を作ってもらいます。
3

4~5:作品を床に置き、どのような形で撮影してもらうのか、合評での作品の並べ方などを検討しています。45

6~7: 卒業制作作品集のための撮影はプロのカメラマンさんにお願いして進めます。バックシートは黒とグレーの2種あり、希望に合わせて選べます。
67

8:いよいよ、合評の始まりです。今年も個性豊かな作品がずらっと並びました。
スクーリング2日目、3日目と二日間かけて行いました8

9:合評は学生さん3人一組に教員一人が進行役として付く感じで進めました。9

10~14:教員は卒業制作を担当した、西村、神内、清水の3人が順番に進行役を務め、非常勤の吉村先生にも合評に加わっていただきました。
1011121314

本年度は計31名の学生さんが卒業制作に着手されました。今年もなかなかの力作揃いです。3/11(日)~3/18(日)までギャルリ・オーブで開かれる卒業制作展をぜひ見に来てください。

 

 

陶芸コース|学科・コース紹介

陶芸コースブログ

 

関連記事

<4041424344>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。