通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2018年2月26日  授業風景

【芸術教養学科】芸術教養学科の学びを藝術学舎で開講しました

01_books

こんにちは。芸術教養学科の野村です。

芸術教養学科はインターネットでの学習のみで卒業できるカリキュラムをととのえています。また学科としては、幅広い学問領域や知識を学ぶことによって、「ものの見方を変える」ことを目指しています。

特に力を入れているのが学科専門教育科目群にある、「デザイン思考」と「文化・伝統」とを学ぶことです。デザインと伝統とお聞きになられると、あまり関係がないように思われるかも知れません。

しかし、そうではないのです。

ぜひ実際にご入学頂いて、体感して欲しいと思います。

 

さて、「デザイン思考」と「文化・伝統」を知るという芸術教養学科の学びを体験して頂こうという取り組みを、先日藝術学舎で行いました。今回のブログではその取り組みをご紹介したいと思います。

 

藝術学舎とは本学が大阪・京都・東京で開講している一般公開講座です。

url:https://air-u.kyoto-art.ac.jp/gakusha/

 

この公開講座の一つとして、「「伝統」をデザイン思考で分析する。」を企画しました。

「伝統」とは何かを、「デザイン思考」という思考術を用いて、受講生の皆さんで考えていただくというものです。芸術教養学科の動画教材の中からピックアップしたものを事前に視聴し学習して、それから実際に対面講座を受講するというものでした。

 

受講生の皆さんには、動画教材を視聴していただき課題に取り組んで頂いてから、224日に東京外苑キャンパスにお越しいただきました。

 02_schooling

 

まずは事前学習の振り返りです。動画教材をご覧いただきつつ、私からも補足講義を行って、デザイン思考についての理解を深めて頂きました。

芸大で学ぶというと、何か創作物をご自身の手で創り上げるイメージがあるかも知れません。しかし、芸術教養学科では創作物そのものを作るのではなく、何かを「創作する」、その前提となるプロセスや考え方や、発想の引き出しとなる知識を修得して頂きます。

 

続いて、実際の史資料をご覧いただきつつ、「伝統」的といわれる事柄について理解を深めて頂きました。

 

次に、私の方から幾つかのキーワードをご提示しました。「年号」や「和歌」「バレンタイデー」などといったものです。

これらは、「伝統」と呼ばれるものに該当するのか否か。もし「伝統」ではないとすると、何が足りないのかなどをグループで議論して頂きました。

沈思黙考して「答え」のみを導き出すのではなく、議論していく過程も大切にしながら答えを思案していきます。

02_workshop-1b 

 

 

用意した辞典類の他、インターネットを用いてキーワードそのものについてお調べ頂き、受講生の皆さんで積極的に議論されていました。

 

また、議論の内容を「可視化」するため、ホワイトボードに調べたことや「伝統」とはどのようなものであるかを書き上げていただきました。それらを私の方でも拝見しつつ適宜コメントしました。受講生の皆さんは熱心に議論を深めていました。

03_workshop-2 

 

最後が、グループごとの発表です。

グループでお考えになった「伝統」に必要なこととは何か。

次に取り上げたキーワードの歴史性や、「伝統」か否かについてお話いただきました。

それぞれのグループともに、とても興味深い指摘をされていました。

04_workshop-3

 

我々、現代人は「伝統」という言葉を無自覚に受け入れています。なんとなく「古くからあることなのだろう」と思いがちです。

しかし「伝統」といわれる事柄は、一つ一つを丁寧に考えたり、観察したり、調べていったりすると、新たに生み出されたものや、変化し続けているものも多々あります。

 

それらの形成過程を知ることは、現代人の我々がどこから来たのかを知ることにほかなりません。受講生の皆さんは、そうしたことに思いを馳せつつ、「伝統」について、デザイン思考で理解を深めて頂いたと思います。

 

ここまでブログを読んでくださると、「ではデザイン思考って具体的にどんな思考術なのだろうか、どんなグループワークをして答えを導き出したのだろうか」と喉に小骨が刺さったように、気になりはしませんでしたか?

もし気になった方、ご興味を持って下さった方は、ぜひ、入学説明会にお越し下さい。

 

京都では311日(日)、東京では321日(水・祝)に開催致します。それぞれ芸術教養学科の教員が学科で学べることをご説明致します。

皆さんのお越しを、心からお待ちしております。

 

——————–

いよいよ最後の入学説明会開催!

(予約不要・参加無料

 

京都会場 3月11日(日)

東京開場 3月21日(水・祝)

 

詳細は下記サイトをご覧ください。

https://www.kyoto-art.ac.jp/t/briefing_mar/

——————–

 

芸術教養学科|学科・コース紹介

過去の記事はこちら

関連記事

<3435363738>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。