通信教育部

イベント

  • LINEで送る

2018年3月10日  イベント

【和の伝統文化コース】第1回同窓会開催報告

 

 

 

こんにちは。和の伝統文化コースです。

 

 

2011年度に和の伝統文化コースが開設されて、今年度で7年目となります。

 

 

先月225()、東京で和の伝統文化コース同窓会が開かれました。

 

 

卒業後それぞれの場所で活躍している卒業生が集い、コースの仲間や教員、そして在学生と語らったり情報交換を行う場を設けたいとの思いから計画をはじめましたが、当日は卒業生、在学生を合わせて40名以上の参加者が集まり盛会となりました。

 

 

 

 

会場は東京の明治神宮外苑にある明治記念館、結婚式場として有名な場所ですが、その「丹頂の間」で行われました。立地が良く趣きのある建物に、部屋の雰囲気も明るく華やかで、窓から見える景色もたいへんきれいでした。doudoukai_1

(明治記念館ホームページから引用)

 

 

 

幹事は一期生(2012年度卒業)の内田玉世さんと二期生の湯澤秀昭さん(2013年度卒業)が担当され、会場の選定、企画、当日の司会まで中心的な役割を引き受けててくださいました。

 

 

教員サイドでは専任の井上先生、森田先生に加えて来賓として、コース創設時の専任教員の矢内先生、そして長く業務担当を務められた竹本先生もご出席されました。

 

 

dousoukai_2

 

 

 

 

13:30から受付を開始、14:00に幹事のお二人の挨拶とともに、いよいよ第一回同窓会が幕を開けます。

 

井上先生の開会挨拶につづき、矢内先生が音頭をとり皆そろって御神酒で乾杯をすると、場の雰囲気も和んで楽しげな雰囲気が会場全体に広がりました。その後に来賓の先生の挨拶があり、料理を囲んで歓談の時間が始まりました。

 

dousoukai_4

 

dousoukai_3

 

 

久しぶりの再会でにぎわう中、今回参加できなかった欠席者の近況報告が幹事の方から紹介され、参加者の皆さんも懐かしそうに耳を傾け思い出話に花を咲かせていました。その後には参加者全員の自己紹介スピーチがあり、卒業生と在学生の情報交換も行われました。

 

 

全体的に派手な演出よりはそれぞれ和気藹々と楽しむ会でしたが、会の一つのハイライトとして、在学生の中澤信一さんによる狂言小舞が披露されました。金屏風を背に羽織袴姿で扇を持って舞う姿はいかにも和の伝統文化コースにふさわしく、皆興味深く鑑賞されていました。

 

 

(在校生の中澤さん)

 

 

 

宴もたけなわといった雰囲気のなか、森田先生より閉会の挨拶があり、16:30をもって同窓会が幕を閉じました。

 

 

 

懐かしい仲間の近況を聞いたり、先生に大学の様子を聞いたり、先輩に話を聞いたり、あっという間に過ぎた2時間半だったかもしれません。

しかし、興味や関心、志を同じくする仲間たちが再会して過ごす時間はきっと日々の生活の中に新鮮な刺激を与えてくれ、有意義な時間となったことと思います。

 

dousoukai_5

 

 

 

 

最後に、何ヶ月もかけて準備から実施まで全面的に仕事を引き受け、素敵な会を成功させてくださった幹事の内田さんと湯澤さんを始め、協力していただいたすべての皆さん、本当にお疲れ様でした。ご尽力に心から感謝を申し上げます。

 

 

 

 

 

 

2017年度 京都造形芸術大学(通信教育)卒業・修了制作展

会期:2018年3月11日(日)〜18日(日)11:00〜18:00(最終日16:00まで)

会場:京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス img050

 

 

2017年度 卒業研究発表会

sotsuken

 

 

いよいよ最後の入学説明会開催!

芸大の学びが体験できる「入学説明会」のお知らせです。

春入学向けのものは、この3月で最終回となります。

 

【京都】

授業名 :伝統文化の美意識

開催日 :3/11(日)12:00~

担当教員:井上治

持ち物 :筆記用具、メモ

 

【東京】

授業名 :花道のデザイン

開催日 :3/21(水・祝)12:00~

担当教員:井上治

持ち物 :筆記用具、メモ

 

詳しくはこちらをご覧ください。 https://www.kyoto-art.ac.jp/t/briefing_mar/

 

 

 

 

季節感のある情報などお楽しみいただけるコースサイトはこちらから↓

 

和の伝統文化コース コースサイト

コースサイト11

 

 

学科コース紹介|和の伝統文化コース

 

 

 

 

関連記事

<2627282930>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。