通信教育部

イベント

  • LINEで送る

2018年4月6日  イベント

【文芸コース】文芸コースへ、ようこそ! 通信教育のウォーミングアップを始めよう

「新入生ガイダンス」実施のお知らせ

 

 大学の通信教育にはどのように取り組めばいいのでしょうか? 毎日のようにはキャンパスに通うこともなく、大学の教員や職員、そして学友と接する機会があまり多くない通信教育部での学習を志す多くの人が抱く不安だと思います。

 「学習意欲を持ち続ける」ことが、通信教育で卒業を勝ち取る秘訣といえるでしょう。それでは、意欲を維持する方法は? それには大雑把にいって3つの方法があります。

 ひとつは、同じような不安を抱えているはずの学友と、機会あるごとに情報交換をすること。スクーリングや、文芸コースの場合は読書会、合評会などで、学友がどんな目標を持ち、どんな悩みを抱え、どのように日々学習を重ねているかを知ることで、あなたの“やる気”にも火がつくはずです。

2017年度5月開催 読書会の様子

2017年度5月開催 東京・外苑読書会の様子

 2つ目は、学習に関する疑問や不安ならば、「事務局相談」や「教員相談」の手続きを利用して、面談で解決の糸口を見つけること。これまで同様の悩み事の相談を受けてきた教職員ならば、適切なアドバイスを行うことができるでしょう。

 3つ目は、文芸コースの授業内容を理解したうえで、自分の目標をしっかりと定め、何年で卒業するか、そして毎年どのような授業を履修して卒業までの道筋をつけるか、いわゆる“卒業のロードマップ”を入学したら早々につくることです。

 じつは、これらの3つの方法を一度に実現することができるのです。それが「通信教育部新入生ガイダンス」です。

2017年度文芸コース新入生ガイダンスの様子

2017年度文芸コース新入生ガイダンスの様子

 コース別ガイダンスでは、文芸コースのカリキュラム(さまざまな科目の内容や学習目的、開講日、テキストなど)の説明が教員からあり、どのように学習を進めていくのが最適かのアドバイスがなされます。もちろんガイダンス中に質問をしてもいいでしょう。「新入生ガイダンス」なので、あなたの周りは新入生ばかり(一部、在学生も参加します)。

 このガイダンスを受けた後は、自宅に戻り、各自が学習目標と卒業に向けての学習計画を立て、レポートとして提出します。つまり、ガイダンスは「文芸基礎講義」という授業(テキスト科目)の一環でもあるのです。

 入学したらまずは「新入生ガイダンス」に参加し、ついでに「文芸基礎講義」の課題を仕上げて、2単位を取得する。これが新入生の第一関門です!

 

門崎敬一(教員)

 

 

 


 

  • 新入生ガイダンス(TX科目「文芸基礎講義」の導入)の日程

2018年度新入生の方は次の4日程からいずれかを選んで、『文芸コースガイド2018』を持参して参加してください。詳細スケジュールは入学許可後に送付する「入学式・新入生ガイダンスのご案内」でご確認ください。

4月8日(日) 京都・瓜生山キャンパス

4月15日(日) 東京・外苑キャンパス

5月12日(土) 京都・瓜生山キャンパス

5月13日(日) 東京・外苑キャンパス

 

 


 

 

文芸コース主催 読書会

文芸コースでは、京都・東京それぞれのキャンパスで定期的に読書会を開催しています。毎回ひとつの作品を取り上げ、参加者はどのように感じたかを互いに語り合います。在学生・卒業生はもちろん、一般の方も参加できます。

 

・京都瓜生山読書会 川端康成『古都』(新潮文庫)

日時:2018年5月12日(土)17:30 – 19:00

会場:瓜生山キャンパス(教室は当日掲示)

 

・東京外苑読書会 若竹千佐子『おらおらでひとりいぐも』(河出書房新社)

日時:2018年5月13日(日)17:30 – 19:00

会場:外苑キャンパス(教室は当日掲示)

 

 


 

文芸コース|学科・コース紹介

 

文芸コース コースサイト

関連記事

<56789>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。