通信教育部

イベント

  • LINEで送る

2018年4月12日  イベント

【情報デザインコース】2017年度 卒業制作展報告

 

4月になりました。
新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。
京都では入学式や新入生ガイダンスがおこなわれ、これから新たな挑戦を楽しみにされている皆さんの熱意がしっかりと感じられた1日になりました。

01

そんな入学されたばかりのみなさんも、早速意識していただきたいのが卒業制作です。
3月に開催された2017年度の卒業制作展の様子をご紹介します。

 

卒業制作審査の後には2つの卒業制作展があります。
●京都造形芸術大学 通信教育部 卒業・修了制作展
 →本学 瓜生山キャンパスで開催されます。
●デザイン科Web卒業制作展
 →ウェブ上で公開しています。ご高覧ください!
  http://t.kyoto-art.ac.jp/websotsuten/

 

2017年度「京都造形芸術大学 通信教育部 卒業・修了制作展」は3/11(日)から3/18(日)まで開催され、情報デザインコースでは36名のみなさんが出展されました。
通信教育部の場合、搬入はたったの半日という極めて短い準備時間なのですが、皆さん力を合わせ見応えのある展示空間を目指しました。

02

情報デザインコースはグラフィックデザインクラスとイラストレーションクラスの2クラス制となっており、それぞのクラスの特色が活かされた作品、両方のクラスの要素が取り入れられた作品、クラスの領域を超え発展した実験的な作品など、今年度も多彩な作品で展示空間は埋め尽くされました。

03

04

05

06

近年ではWebサイトやARといったデジタルコンテンツの作品制作も増えてきています。

 

「お寿司図鑑」
お寿司図鑑やお寿司にiPhoneをかざすとネタ元の魚が出現し動き回ります。写真は泳ぎながらイクラを産んでいる瞬間のiPhone画面を撮影したもの。

07

08

「『自己中』を分類し、認識し、コントロールする ―孤独にならないために知っておきたいこと―」
架空の会社を設定、ウェブサイトで自己中診断ができるという作品。私は「自己中度40%」だったのですが「以前やった時は80%でしたよね!?」と制作者のT・Mさんの証言。T・Mさんのおかげで人間的に成長したのかもしれません。。。

09

そして3/17(土)は卒業式でした。
卒業制作担当教員(通学部・通信教育部専任教員)との集合写真ですが、だれが教員か学生かがわかりにくいのが通信教育部の特徴ですね。
T・Yさんはこの日のために学生時代の学ランを着用!青春時代の記憶までも蘇ります。

10

その後は、京都・東京合同での謝恩会でした。卒業を迎えられたみなさんはゴールでテープを切ったかのごとく晴れやかな表情で、我々も楽しい時間を過ごさせていただきました。この場をご準備くださり本当にありがとうございました!

11

12

ご卒業のみなさん、本当におめでとうございます。
日常生活に戻られる方、新たな道を切り開き新天地へ向かわれた方、いずれの方も学んだことをご自身の人生にお役立ていただけると幸いです。

 

これから卒業制作を目指す在学生のみなさん、新入生のみなさん、この日を目指して共に密度の濃い時間を過ごしてまいりましょう!

卒業制作でお待ちしています。

 

●新入生のみなさんへ
新入生ガイダンスはあと3回の機会があります。学びへの理解を深めるためにもぜひご出席ください。
4/15(日)東京/外苑キャンパス
5/12(土)京都/瓜生山キャンパス
5/13(日)東京/外苑キャンパス

 

情報デザインコース研究室(河野)

 

情報デザインコース|学科・コース紹介

関連記事

<34567>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。