通信教育部

イベント

  • LINEで送る

2018年4月17日  イベント

【ランドスケープデザインコース】新入生ガイダンス(4/15東京外苑キャンパス)

ランドスケープデザインコースの河野です。
4月に入り新年度がスタートしました。
新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。

 

今回は、4/15に東京・外苑キャンパスで行われたランドスケープデザインコースの新入生ガイダンスをご紹介します。

DSC02048

最初に高梨先生からランドスケープデザインコースの理念と要点について説明がありました。

DSC02049

DSC02054

ランドスケープデザインコースの理念は、「庭園都市京都から発見するインスピレーションと、最先端のデザイン思想・技術を、総合芸術のランドスケープとして21世紀の環境づくりに展開します。」です。そのなかで「庭園のデザイン」「都市のデザイン」「農のデザイン」を3つのコアとしてカリキュラムが組まれています。
先人が築いたデザイン・歴史を学び、新しい知や発見を加えて総合芸術としてのランドスケープを創出することが大切というお話がありました。

 

DSC02050

通信教育で学ぶシステムとして「S:スクーリング」「TW:テキスト作品科目」「TR:テキストレポート科目」があります。

まず、卒業に向けての履修計画を立てることが大切になります。何年で卒業を目指すのか、そのためには1年間で必要な単位など、ご自分のペースを考えて立ててみてください。

 

スクーリングは京都と東京で同一科目の授業が日程をずらして行われます。日程が決まっていますのでご自身の都合の良い日が選択できます。
テキスト作品科目やテキストレポート科目は、提出締切や単位修得試験の申込期間を確認してみましょう。
コースガイドに、課題提出期間や履修モデルが記載されていますので、参考にしてみてください。
履修のポイントは、最初にairUからご自身で取り組む科目のシラバスを、全て目を通して内容を把握し、課題に対して必要な情報を少しずつでもスクーリングや日常のなかで収集することが大事というお話でした。ぜひ試してみてください!

DSC02059

ガイダンスのなかでは卒業制作の紹介や卒業制作に向けての取り組み方法についても話がありました。学習を進めながら、卒業制作で取り組む内容についてご自身でイメージしてみてはいかがでしょうか。airUで前年度のWeb卒業制作展が見れます。参考にしてみてください。

 

最初は分からないことが多いかと思います。質問票など活用して取り組んでみてください。
スクーリング授業後やお昼に行われる学習相談会など面談で質問・相談できる機会もありますので、気軽に声をかけてください。

 

一緒にがんばりましょう!

河野潤

 

ランドスケープデザインコース | 学科・コース紹介

関連記事

<1516171819>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。