通信教育部

授業風景

  • LINEで送る

2018年5月29日  授業風景

【陶芸コース】1年次スクーリング

陶芸コース 西村です。5月になりいよいよ1年次のスクーリングが始まりました。入学して最初に受講できるスクーリングは「陶芸Ⅱ-1 机上のオブジェ/ペーパーウェイト」です。この科目では、二つ割りの石膏型を使い押し型成形でペーパーウェイトを制作し、石膏型を作る技術を学習します。

 

陶芸01

まず、皆さんが事前課題で考えてきたアイディアスケッチを見て原型が二つ割りの石膏型で抜けるか検討します。

 

陶芸02

次にアイディアスケッチをもとに土でペーパーウェイトの原型を制作します。原型は慎重に時間をかけて制作します。

 

陶芸03

石膏型の厚み、石膏を流すための土手と壁の作り方を説明しています。

 

陶芸04

各自、石膏を流すための土手と壁をつくります。土手の高さが曖昧だと型から作品が抜けないことがあるので慎重に作業をすすめます。

 

陶芸05

完成した石膏型に土をはりつけ作品を制作する工程を説明しています。

 

陶芸06

石膏型から次々に作品が出来ていきます。同じ形のものがいくつも出来ていくのは楽しいものです。

 

陶芸07

最終日、合評の風景です。同じ課題で制作しているのに様々な表現の作品が出来てきます。スクーリングで他の人がどんな考えを持ってどんな作品を作っているのかを見られるのはとても参考になると思います。石膏は原型を忠実に写し取るので石膏型を作る時、原型の仕上げがとても重要だということがわかってもられたと思います。受講者の皆さん、お疲れ様でした。

 

 

【陶芸】

陶芸コース|学科・コース紹介

 

陶芸コースブログ

 

<12345>

コース・分野を選択してください

トップページへ戻る

COPYRIGHT © 2013 KYOTO UNIVERSITY OF ART AND DESIGN

閉じる

ABOUT

京都造形芸術大学は、今アジアで最もエネルギーを持って動き続ける大学であるという自負があります。
通学部13学科21コース、通信教育部4学科14コース、大学院、こども芸術大学。
世界に類を見ない3歳から93歳までが学ぶこの大学は、それぞれが溢れる才能を抱えた“プロダクション”のようなものです。

各“プロダクション”では日々何が起こっているのか。授業や取組みの様子、学生たちの作品集や人物紹介。
とどまることなく動き続ける京都造形芸術大学の“プロダクション”の数々。
そこに充満するエネルギーを日々このサイトで感じてください。