Loading ...
2019年2月9日(土) – 2月17日(日)

高校生・受験生向け
オープンキャンパス同時開催!
2月17日(土)・18日(日)

京都造形芸術大学の卒業展・修了展の特徴とは?

京都造形の卒業展・修了展では、学生たちが授業や学生生活に利用している80,000㎡の大学キャンパス全体を使い展示を行います。
出品者は788名。次世代を担うアーティスト・研究者の作品を楽しみに、1万7000人を超える多くの人が訪れます。 卒業展・修了展を「アートフェア」としても展開。作品を購入することもできます。

開催概要

2018年度
京都造形芸術大学 卒業展 大学院修了展

期間
2019年2月9日(土) – 2月17日(日)
10:00-18:00
入退場自由 ※入場無料
会場
京都造形芸術大学 京都・瓜生山キャンパス

イベント

ご挨拶

京都造形芸術大学卒業展 大学院修了展は、東山連峰瓜生山の麓にあるキャンパスで開催されます。
学部の4年間あるいは大学院の2年間、学生たちは悩み、怒り、泣き、喜び、そして笑い、ひたむきに青春を駆け抜けてきました。「美とは何か」、「愛とは何か」、「いかに生きるべきか」を問い続け、それぞれの制作に取り組んできました。その集大成としての作品・論文が結集しキャンパス全体が一瞬の輝きを放つ美術館となる、それが本学の卒業展 修了展です。
展覧会が終われば、学生たちは社会に出ていきます。再び、別々の場所で自らの道を切り拓き、新たな輝きを生み出していくことでしょう。

この時、この場所には、788名の青春のかたちがあります。
そのエネルギーを体感し、メッセージを受け取ってください。
みなさまのご来場を心からお待ちしています

卒展委員長 荒川朱美

前年度の優秀作品

出展学科

卒業展、修了展では、13学科21コースに加え大学院の作品もご覧頂けます。絵画や立体だけではなく、マンガや小説、映画など幅広い分野で若きアーティストの作品を楽しめることができます。気になる学科、コースへ足をお運び下さい。

アクセス

京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス
京都市左京区北白川瓜生山2-116
TEL:075-791-9122

2月17日(日)にお越しの方へ

2月17日(日)は京都マラソンが開催され、大規模な渋滞が予想されます。
下記手段でのお越しがオススメです。

京都マラソンに伴う京都市内の交通規制についてはこちらからご確認ください

※所要時間はあくまで参考としての標準時間です。マラソンによる交通規制等により所要時間は変わりますのでご注意ください。本学には駐車場がありません。車・オートバイでの来学はご遠慮ください。

美術工芸学科 現代美術・写真コース

顧 剣亨【Utopia】

現代のユートピアとは、各人が異なる形式で消費するものである。しかし自分のユートピアから一歩引いて、現代の世界を見つめ直すと、そこには全ての人のユートピアから出来上がった、ユートピアではない風景が見えてくる。

H35.7 ×W48.4cm | インクジェットプリント

コメント

これまでに撮影した膨大な写真をじっくり振り返り、そこから現代におけるパラダイスのあり方を問うに至ったそのプロセスは貴重。今後も旺盛な行動力と冷静な観察眼を武器に世界を深めていってほしい。 

美術工芸学科 竹内 万里子

マンガ学科 ストーリーマンガコース

長岡 三平【群青や屋上。と、マヨネーズ】

初めて描いた漫画なので、トーン処理や背景など丁寧に描こうと試みました。楽しんで読んでいただければ幸いです。

B5・63ページ | マンガ | マンガ原稿用紙、ケント紙

コメント

富士見書房「ドラゴンエイジ」にてデビューを飾った本作は、一見すると王道の恋愛ストーリーが展開されるかのようだが、タイトルから始まる微細な違和感を糸口に、あっという間に読者を独自の世界に引き込む魅力を持っている良作である。

マンガ学科 教員一同

プロダクトデザイン学科 プロダクトデザインコース

三輪 海斗【三角二輪】

私は「『日本の街』で乗る為のモビリティー」をコンセプトに制作を進めることにした。特に、自転車のように楽な移動が出来、キックボードのように手軽に扱える。この両者の良い点を併せ持つモビリティーとして、足蹴り自転車に注目した。

W540 ×D90 ×H90cm | モビリティー | アルミ、鉄、PLA、PVC、合成ゴム、ポリエステル、ウレタンetc

コメント

本研究は、都市に於けるさまざまな障壁を克服した新たな個人の移動手段として新ジャンルの提案に適ったと作品と考える。若者を中心に使われているキックボードの簡便さと折り畳み自転車との中間に位置する「持ち運び可能な折りたたみ式足蹴り自転車」を具現化したもので、既存品から飛躍して新たなデザインに纏め上げた点は高く評価できる。起案から様々な実験を繰り返し、機能に適した造形の追求やエキスパートのサゼスチョンを仰ぎながら独自に考案した機構による簡易折り畳み方式を具現化したこと等、熱意をもって創意工夫を凝らし、精査を加え着実にステップを踏んで商品レベルにまで昇華した取り組みは特筆できる。今後の商品化を大いに期待した

プロダクトデザイン学科 植松豊行

空間演出デザイン学科 空間デザインコース

下坂 菜摘【BLOOM MEDIA】

“雪が溶けたら春になる”“紙せっけんが溶けたら花火になる”i phoneで撮った写真は印刷せずデータの中に保存していく時代。紙せっけんに印刷することで印刷の本質である「保存する」という意味から逸脱する。もう読み返すことも触れることもできない。それでも私たちは花火を眺めるように、開花した一瞬の記憶だけを頼りに見つめ続ける。

約2分30秒 | 映像 |【 媒体】紙せっけん、【出力】 インクジェットプリント

コメント

情報が溢れ、見たものから順に忘れていくような時代に、「記録する」というより「記憶に残る」ためにはどういうメディアが求められるか、という問いかけである。仕事机と鞄の中のファイルとiPhone 内に山積みの書類やDMよりも、このいっときで消えてなくなる花火のような存在の方が人は確かに「記憶する」だろう。しかしそんなことよりも美しいことと切ないことがいつも同居していることに気づかされる。ブルームメディアとは、旬があること、そして咲いたからには枯れるという意味だろう。 

空間演出デザイン学科 酒井洋輔

映画学科

【オーファンズ・ブルース】

砂が風に吹かれてなくなっていくように、記憶が彼女から剥奪されていく。夏が永遠のように続く世界で生きるエマ。彼女はある日、行方不明のヤンを探す旅に出るが…。誰かを思い出せなくなる苦しみと忘れたくない思いの疾走。その中で彼らは光を呼吸する。

監督・編集 : 工藤梨穂 (映画製作コース)
助監督 : 遠藤海里 (映画製作コース)
助監督・俳優 : 小森ちひろ (俳優コース)
撮影 : 谷村咲貴 (映画製作コース)
照明 : 大﨑 和 (映画製作コース)
録音 : 佐古瑞季 (映画製作コース)
美術 : 柳 芽似 (映画製作コース)
美術 : プロムムアン・ソムチャイ (映画製作コース)
衣装 : 西田伸子 (映画製作コース)
制作 : 池田 有宇真 (映画製作コース)
制作 : 谷澤 亮 (映画製作コース)
俳優 : 村上 由規乃 (俳優コース)
俳優 : 辻 凪子 (俳優コース)
俳優 : 佐々木詩音 (俳優コース)
俳優 : 窪瀬 環 (俳優コース)

コメント

異常な高温が続き、誰もが汗ばむ、ある夏の日々の物語。熱気に駆り立てられるかのように、一人の若い女性が過去の記憶をたどり直す旅に出る。しかし、他方で彼女は記憶障害を抱え、微細な日常の記憶さえもが失われつつある……。長期ロケの敢行によって画面に導き入れられる、さまざまな風景や異質な場所の気配の共存が本作を良質なロードムービーに仕立て上げ、緻密なサウンドデザインが作品の精度を高める。主演女優をはじめとする個々の役者陣の熱の入った演技からは、本作の魅力が監督個人の才能のみならず、良好かつ生産的な集団制作に由来することもうかがえるだろう。多くの観客に見てもらいたい作品である。

映画学科 北小路隆志

こども芸術学科 こども芸術コース

大塚 紗瑛【ありがとうの話】

じぶん一人が楽しくて描いてきたと思ったら、実はそんなことなかった。いつだって支えられていたのだと気づいた。私を支えてくれた人たちにみてほしい。

サイズ可変 | インスタレーション | 【漫画】コピー用紙、クラフト紙、画用紙、クロッキー用紙、ボールペン、水性ペン、色鉛筆【装飾】クラフト紙、ペンキ、アクリル絵具、油性ペン

コメント

大塚さんは、数ある表現手法の中で身近な漫画を選び、物語を新たに作るのではなく、日常の出来事を記録するように描いて来た。その日々の連続性は、制作と言うより日記と同じように感情の浮き沈みを如実に表現されたものになっている。これから、社会に出ても日々の出来事から漫画を通じて自己を見つめ、そして自身の成長にもつながっていくことを期待したい。

こども芸術学科 村山修二郎