公欠の取扱い

「公欠届」について

以下の理由で欠席する(した)場合は、「公欠届」を提出することができます。教学事務室・教務窓口までメールにてご連絡下さい。

注意点

  • 公欠の事由によって、必要書類と手続き時期が異なります。下記の表をよく確認してください。手続時期中に公欠届を提出しなかった場合は、公欠届を受理できませんのでご注意下さい。
  • 学期末最終授業回に関する届出受付の最終期日は最終授業日(※)までです。注意して手続きをお願いします。
    ※手続きが学期末最終授業日以降となる場合は、教学事務室・教務窓口までご連絡下さい。
    ※忌服、学校感染症等で最終授業日に提出できない場合は、忌服期間終了後もしくは登校許可がおりた日の翌日までに提出ください。
  • 「公欠届」により欠席の届け出を行った授業回数については要出席回数に含めません。ただし、公欠届の対象となる欠席が授業時間数の1/3を超える場合は「公欠届」の提出が認められない場合があります。
  • 授業を欠席した場合は、「公欠届」の対象になるかならないかに関わらず、授業担当教員に申し出て欠席回分の資料の有無を確認する、同じ授業を履修している友人に授業内容を教えてもらうなどして、欠席分の授業回の学修内容を自分で補うようにしてください。

※欠席により学期末の筆記試験が受験できない場合の手続きは別に定めています。「追試験とは」を参照してください。

一般的な事由

事由 必要書類 手続時期 備考
忌服(2親等までの親族) 会葬礼状または葬儀についての一筆(※参照) 忌服で欠席した最終日を含み、5日間以内 配偶者および1親等(父母、子)は7日間の範囲内、2親等(祖父母、兄弟姉妹、孫)は3日間の範囲内。
原則、いずれも連続した日程とする(休日を含む)。
学校保護安全施行規則に規定された学校感染症による登校停止 登校許可証明書またはインフルエンザ罹患証明書(所定の書式を大学院準備室より交付または在学生専用サイトよりダウンロード 登校許可がおりた日の翌日まで 学校感染症に罹患した場合は、まずは速やかに大学院準備室へ連絡してください。詳しくは学生手帳または在学生専用サイトで確認してください。
裁判員制度による任務 公的通知書 原則、事前 事由が発生することが判明した時点で速やかに教務窓口にご相談ください。
補講機関中の補講同士の重複 特になし 事前(補講の重複が判明した時点で速やかに) 補講が重複することが判明した時点で速やかに教務窓口に申し出てください。

※会葬礼状の発行がない場合は、左記を参考に
1) 学生氏名
2) 故人の氏名、学生との続柄
3)葬儀の日程
4)記載日
5)一筆記載者署名(直筆)、学生との続柄
の記載を学生本人以外の親族に依頼して作成してください(任意書式)。

新型コロナウイルスに係る事由

新型コロナウイルス感染症と診断された場合、また以下に該当する場合には、学校保健安全法第 19 条の規定により、出席停止(公欠)として取り扱います。

注意点

  • 1)3)の事由を除き、対面授業時のみを対象とし、オンライン授業およびオンライン併用授業は含みません。
  • 以下の事由に該当する事象が発生した場合は、まずは速やかに大学院準備室へ連絡してください。(大学院準備室への連絡だけでは公欠となりませんので、公欠届を別途教務へ必ず提出して下さい。)
事由 必要書類 手続き時期 登校停止(公欠)期間
1) 新型コロナウイルス感染症に感染した場合(検査で陽性となった場合) 登校許可証明書(発行されない場合は右欄を確認してください) 登校許可がおりた日の翌日まで。 発熱等の主要症状が出た日、または検査により陽性が判明した日から起算する。期限は、登校許可書に記載された「登校停止期間」または、保健所から指示された自宅待機期間までとする。
登校許可証明書が発行されない場合や、保健所から自宅待機期間が示されない場合は、退院またはホテル等を退所した日から1週間程度自宅待機とし、保健センターが登校許可を認めるまでの期間とする。(保健センターの指示のもと、健康観察を行います)
2) 保健所等から新型コロナウイルス感染症感染者の濃厚接触者に特定された場合 不要 感染者の濃厚接触者に特定された当日。 結果が陽性であった場合は1)の通り。結果が陰性であった場合は、患者と最終接触のあった日から7日間とする(※保健所や医師より登校停止の指示があった場合は、そちらを優先する)。なお、日数は最後に接触した日の翌日から数えた日となります。
3) 発熱等の風邪の症状がある場合 不要 登校可能となった当日まで。 発熱等の主要症状が出た日から、症状が消失した日(※解熱剤を服用している期間はのぞく)を含め3日目まで。
検査を受検した場合は、発熱等の主要症状が出た日から、陰性が判明した日まで。
例:10月1日に解熱した場合は、10月3日までが登校停止期間
4-1) 海外からの再入国者(水際対策による自宅等待機を要する者)

※詳細はこちら
海外渡航届(日本出国2週間前までに提出し、承認されたもの) 現地出国日の前日まで 水際対策により自宅等待機が定められた期間まで(再入国日の翌日から起算する)。
※渡航日等、海外渡航届で承認された情報と相違がある場合は承認できません。変更が生じた場合は、先に海外渡航届を学科へ提出(再申請)してください。
4-2) 海外からの新規入国者(水際対策による自宅等待機を要する者)

※詳細はこちら
海外渡航届(入国可能となった時点で速やかに提出すること) 現地出国日の前日まで 水際対策により自宅等待機が定められた期間まで(再入国日の翌日から起算する)。
※渡航日等、海外渡航届で承認された情報と相違がある場合は承認できません。変更が生じた場合は、先に海外渡航届を学科へ提出(再申請)してください。
5) 同居家族がPCR検査を受検する場合、または濃厚接触者に特定された場合 不要 同居者・家族がPCRを受検することになった当日、または濃厚接触者に特定された当日。 同居者・同居家族の体調が悪く、PCR検査等を受検することになった場合、もしくは濃厚接触者となった場合(学校や会社で感染者が出て、保健所から連絡があった場合)は、その者のPCR検査等の結果が出るまで自宅待機としてください。授業は公欠扱いとなります。結果が陰性であった場合は、翌日より登校可能です。※濃厚接触者については、保健所からの特定があるケースのみとします。ただし、同居家族に発熱等の風邪の症状がみられる場合や、地域の感染状況が拡大している場合などは、状況によって出席停止とする場合もありますので所属研究室へ相談してください。
6) 新型コロナワクチンを接種する日 摂取済証明の画像 ワクチンを接種した翌日まで。 ワクチンを接種する日は、本人の希望により公欠を申請することができる。
7) 新型コロナワクチン接種後、それに起因すると思われる副反応がみられた時 摂取済証明の画像 副反応が解消し、登校可能となった当日まで。 発熱等の主要症状が出た場合は、解熱するまで登校停止とする。発熱以外の副反応がみられる場合は、その症状が解消するまで、本人の希望により公欠を申請することができる。

手続き方法

手続き方法の詳細はこちらをご確認ください。