2022.09.09

新型コロナウイルス感染症に係る公欠届の取扱いについて(9/22~)

新型コロナウイルス感染症と診断された場合、また以下に該当する場合には、学校保健安全法第 19 条の規定により、出席停止(公欠)として取り扱います。

※以下の事由に該当する事象が発生した場合は、速やかに所属学科研究室へ連絡してください。
※新型コロナウイルスをのぞくその他の学校感染症、忌服等の公欠届とは、手続き方法が異なるのでご注意ください。
※「公欠届」により欠席となった授業回数については、出席回数分母から減じます。ただし、集中授業の場合など、公欠届の対象となる欠席が授業時間数の 1/3 を超える場合は「公欠届」の提出が認められない場合があります。

なお、新型コロナウイルスに係る理由により欠席した授業については、資料の共有、課題の指示等、授業内容に応じた配慮を行います。担当教員または所属学科研究室へ相談してください。

 

新型コロナウイルスに係る公欠届事由(2022年度後期より改訂)

※手続き時期に注意してください。期限を過ぎての申請はできません。なお、手続きが学期末最終授業日(後期:1/23(月))以降となる場合は、最終授業日前に教務窓口までご連絡下さい。

事由 登校停止(公欠)期間 公欠対象授業 必要書類 手続き締切
※日数には窓口休業日も含む
自身が陽性となった場合

※PCR検査で陽性となった場合、医師から診断された場合等

医師または保健所から自宅等療養を指示された期間。指示がない場合は、以下のいずれかとする。

①症状がある場合
発症日(0日目)から7日目、かつ症状軽快日から24時間が経過するまで。
②無症状の場合
検査を実施した日(0日目)から7日目まで。くわえて、検査キット(※)を用いた検査で5日目に陰性を確認した場合は、6日目から登校可とし、解除時点までを公欠期間とする。
※抗原検査の場合は、体外診断用医薬品の承認を受けたものを使用すること。

対面およびオンライン

※オンライン授業は、体調に応じ申請してください。

不要(ただし、学科へ連絡していることが必要 登校可能となった日を含め5日後

※自宅等療養解除日を1日目とする。

2 自身に発熱等の症状がある場合

※発熱(37.5度以上)、のどの痛み、咳、嗅覚・味覚の異常等

発熱等の主要症状が出た日から、症状軽快日(※)から72時間が経過するまで。または症状軽快後、PCR検査で陰性が判明するまで。
※解熱剤等を服用しない状態で、症状が軽快していること。軽快日を1日目として数え、3日目まで登校できません。
対面およびオンライン

※オンライン授業は、体調に応じ申請してください。

不要 登校可能となった日を含め5日後

※自宅待機解除日を1日目とする。

自身が濃厚接触者に特定された場合

 

感染者と最終接触した日(0日目)から5日目まで。ただし、抗原定性検査キット(※)を用いた検査で2日目と3日目連続で陰性を確認した場合は登校可とし、解除時点までを公欠期間とする。
※抗原検査は体外診断用医薬品の承認を受けたものを使用すること。
対面のみ 登校可能となった日を含め5日後

※自宅待機解除日を1日目とする。

【備考】医師・保健所等から特定されなくとも、以下の場合は濃厚接触者となり、上記同様に公欠の対象となります。詳しくは厚生労働省のHPや、京都市HP等で確認してください。
1)同居者・同居家族が陽性となった場合
2)友人・知人が陽性となり、感染可能期間に感染対策を講じず、一定時間以上接触のあった場合
同居者・同居家族に発熱等の症状があり、PCR検査を受検する場合

 

同居者・同居家族の体調が悪く、PCR検査等を受検することになった場合は、その者のPCR検査等の結果が出るまで自宅待機としてください。結果が陰性であった場合は、その日より登校可能です。 対面のみ 不要 登校可能となった日を含め5日後

※自宅待機解除日を1日目とする。

同居者・同居家族濃厚接触者に特定され、かつ同居者・同居家族に発熱等の症状がある場合

3-備考同様、濃厚接触者と判断される場合も含む

PCR検査等の結果が出るまで自宅待機としてください。結果が陰性であった場合は、その日より登校可能です。

同居者・同居家族に症状がない場合は、登校可能です。公欠対象とはなりません。

対面のみ 不要 登校可能となった日を含め5日後

※自宅待機解除日を1日目とする。

新型コロナワクチンを接種する日 ワクチンを接種する日は、本人の希望により公欠を申請することができる。 対面およびオンライン 接種済証明の画像 ワクチンを接種した日を含め5日後
新型コロナワクチン接種後、それに起因すると思われる副反応がみられた時 発熱等の主要症状が出た場合は、解熱するまで登校停止とする。発熱以外の副反応がみられる場合は、その症状が解消するまで、本人の希望により公欠を申請することができる。
<主な副反応>37.5℃以上の発熱、倦怠感、頭痛、筋肉痛、関節痛、悪寒、吐き気、下痢、等
対面およびオンライン

※オンライン授業は、体調に応じ申請してください。

接種済証明の画像 副反応が解消した日を含め5日後
海外からの入国者(水際対策による自宅等待機を要する者)
※詳細はこちら
水際対策により自宅等待機が定められた期間まで(再入国日の翌日から起算する)。
※渡航日等、海外渡航届で承認された情報と相違がある場合は承認できません。変更が生じた場合は、先に海外渡航届を学科へ提出(再申請)してください。
対面およびオンライン

※オンライン授業は、受講環境等に応じ申請してください。

海外渡航届(日本出国2週間前までに提出し、承認されたもの) 現地出国日の前日
海外からの新規入国者(水際対策による自宅等待機を要する者)
※詳細はこちら
水際対策により自宅等待機が定められた期間まで(再入国日の翌日から起算する)。
※渡航日等、海外渡航届で承認された情報と相違がある場合は承認できません。変更が生じた場合は、先に海外渡航届を学科へ提出(再申請)してください。
対面およびオンライン

※オンライン授業は、受講環境等に応じ申請してください。

海外渡航届(入国可能となった時点で速やかに提出すること) 現地出国日の前日

 

公欠届制度の詳細・手続き方法

こちらのページで詳細をご案内しております。