グラフィックデザインコース

デザインを学び直し、広告制作会社の仕事に活かす

広告制作会社で日々時間に追われ、その場の流れで仕事をこなす自分に危機感を感じ、学び直すことを決意。課題を通して、造形の歴史やデザインへのプロセスをあらためて体感し、これまで主観を無理やり理詰めにしていた自らの欠点を発見。これこそが危機感だったと思いました。ものごとを俯瞰で観察し、考察するから、「気づき」が生まれ、デザインの本質がみえてくる。卒業制作のテーマ相談でも、課題に悩みすぎて自分を客観視できなかったところ、先生の言葉で「気づき」を得られ、その大切さを再認識しました。

福田 学

情報デザインコース

グラフィックデザインクラス(1年次入学)

19年度卒業

東京都在住 43歳

2021年度より情報デザインコースはグラフィックデザインコースになりました。

YouTubeで卒業生インタビューを配信中