学際デザイン研究領域
学際デザイン研究

Interdisciplinary Design Studies Field

あらゆる社会人に、探究と創造を。通学0日、ネットだけで学べる大学院。

「旧きを知る文化・伝統の探究力」と、「現在~未来を構想するデザイン思考の創造力」を両軸に、地域や社会の課題を解決し、創造的に働きかけられる人材を育成します。本学独自の学習用webサイトやクローズドなSNSなどを活用し、教員や院生同士の活発なやりとりを実現。オンライン学習環境だからこそ実現できる細やかなフィードバックにより、習熟度を効果的に高められる学びを提供します。

本領域の特長

私大初、ネットだけで学べる修士課程。

私立大学として初めて、100%オンライン学習による修士課程が開設。通学不要で、インターネット環境があれば、いつでも、どこでも学べます。忙しい社会人でもスケジュールを組みたてやすい、学びやすさを実現します。

オンラインならではの濃密な対話・指導。

本学独自の学習用webサイト「airU(エアー・ユー)」に加え、クローズドなSNS「Workplace by Facebook」、web会議システム「Zoom」などを活用。教員や院生同士による活発なやりとりを実現します。従来の通信教育のイメージをくつがえす、オンラインならではの双方向学習で、研究はもとよりディスカッション等のスキルも高められます。

MFAの取得は年間36万円。

学びの中心は、オンラインでの動画講義やグループワーク、レポート課題など。所定の単位を修得すれば、年間36万円、最短2年間でMFA《Master of Fine Arts 修士(芸術)》を取得できます。

この領域を志す人へのメッセージ

いま、社会が求めているのは、社会の課題を解決し、人類の新たな価値をつくりだす、創造的な思考能力です。ビジネスの世界においても、デザインや芸術的な感性を積極的に取り入れる動きがはじまっています。しかし、方法論を知るだけでは充分とはいえません。社会に新しい価値・ビジョンを示すには、個人ひとりひとりの芸術に対する理解を深め、洗練された、創造的思考力を養うことが不可欠です。そのためには、社会と芸術との新たな関係を探る必要があります。

本領域では「旧きを知る文化・伝統への探究力」と「現在~未来を構想するデザイン思考の創造力」を両軸とした学際的研究により、社会や地域に対して創造的に働きかけることのできる、高い構想力を備えた人材の育成をめざします。全国から幅広く人材を募集するために「オンライン大学院」として開設します。

企業に所属する方から、子育て中の方、地域コミュニティの参加者といった、多様な方々が、創造的な思考と構想力、そして行動法則(教養・判断・コミュニケーション・意思決定力)を身につけ、それによって企業内や家庭、地域のさまざまな課題を解決し、新しい価値を創造していけるように実践的に研究していきます。

カリキュラムは、グループワークによるアクティブ・ラーニングを用いて、高いコミュニケーションスキルの育成と、オンライン学習環境だからこそ実現できる細やかなフィードバックにより、習熟度を効果的に高めます。

「よりよい社会にしたい」と願う、すべての方に、過去を再考し、現在~未来を創造する学際的思考の獲得をめざしていただきたいと願っています。(教員:早川克美)

カリキュラム

カリキュラムを構成するのは、3つの科目群。本領域の軸となる「旧きを知る文化・伝統の探究力」と「現在~未来を構想するデザイン思考」の両面からアプローチします。まず、分野特論科目で概論と調査法の知識を深め、演習科目で実践力を培います。そして、両方の学びを踏まえ、研究科目では自ら具体的な問いを立て、創造的に問題解決をはかる思考プロセスを実践し、価値の可視化をはかります。

まなざしと
方法論を学ぶ

分野特論
デザイン概念研究 デザインという概念の変遷を、社会とデザインの関わりや、デザイン教育の歴史からひもとく。また、さまざまなデザイン思考について、その成立の背景およびプロセスを探る。
デザイン調査法 調査法を多面的に取り扱い、研究の基礎として位置づける。 具体的な質的調査法・地域デザイン調査法の手法について、課題による実践を通して学ぶ。
伝統文化研究 伝統文化の定義や日本文化の大きな流れを知るとともに、形式分析や文化的分析など、ものごとのとらえ方について学ぶ。
伝統文化調査法 論文の構造をはじめ、文献のリサーチ方法や図書館の利用法、論文の分析方法について学び、今後の研究の基礎とする。
実践的な
力を身につける

演習
デザイン思考・実践A 個人のビジョンを具体化するプロセスを、デザイン思考によって 実践。実現したい世界を形にするための、ビジュアル思考・プロトタイピング技法を学ぶ。
デザイン思考・実践B 協働による課題解決のプロセスを、グループワークからデザイン思 考によって実践。社会や地域の課題を提案するための力を養う。
伝統文化・実践A 「歴史的景観」や「聖地巡礼(ツーリズム)」を題材に、伝統文化に基づく文化資産を個人でリサーチ。それらを継続・発展させるための思考や議論を行う。
伝統文化・実践B 「職人技術の継承」「墓・葬送儀礼」を題材に、伝統文化に基づく文化資産をグループワークでリサーチ。それらを継続・発展させるための思考や議論を行う。
創造的提案
としての最終成果

研究
「新しい価値を創造する(早川克美ゼミ)」「歴史ある対象を今に活かす(野村朋弘ゼミ)」の方向性からいずれかを選び、 グループワークで課題を設定。解決へのプロセスを実践することで、価値の可視化を図る。

学びの流れ

基本的な学びのスタイルは「動画講義」と「テキスト学修」と「グループワーク」です。特にグループワークでは、学生同士で問題を発見し、解決に至るプロセスを議論します。教員からはオンライン上で講評や研究指導を受けることができ、それらの学びを基に各自が、問いの立て方や研究手法を練り上げていきます。

例 「分野特論1 - 1(デザイン概念研究)」

年間のスケジュールモデル

年間のスケジュールモデル
■教員 早川克美野村朋弘

資料請求 あたらしいパンフレットができました。

芸術×大学院×通信 京都造形芸術大学通信制大学院 入学説明会