学際デザイン研究領域
学際デザイン研究

Interdisciplinary Design Studies Field

あらゆる社会人に、探究と創造を。通学0日、ネットだけで学べる大学院。

「旧きを知る文化・伝統の探究力」と、「現在~未来を構想するデザイン思考の創造力」を両軸に、地域や社会の課題を解決し、創造的に働きかけられる人材を育成します。本学独自の学習用webサイトやクローズドなSNSなどを活用し、教員や院生同士の活発なやりとりを実現。オンライン学習環境だからこそ実現できる細やかなフィードバックにより、習熟度を効果的に高められる学びを提供します。

本領域の特長

日本初、完全オンラインの芸術修士課程(MFA)

私立大学として初めて、100%オンライン学習による修士課程が開設。通学不要で、インターネット環境があれば、いつでも、どこでも学べます。忙しい社会人でもスケジュールを組みたてやすい、学びやすさを実現します。

オンラインならではの濃密な対話・指導。

本学独自の学習用webサイト「airU(エアー・ユー)」に加え、クローズドなSNS「Workplace by Facebook」、web会議システム「Zoom」などを活用。教員や院生同士による活発なやりとりを実現します。従来の通信教育のイメージをくつがえす、オンラインならではの双方向学習で、研究はもとよりディスカッション等のスキルも高められます。

MFAの取得は年間36万円。

学びの中心は、オンラインでの動画講義やグループワーク、レポート課題など。所定の単位を修得すれば、年間36万円、最短2年間でMFA《Master of Fine Arts 修士(芸術)》を取得できます。

この領域を志す人へのメッセージ

いま、社会が求めているのは、社会の課題を解決し、人類の新たな価値をつくりだす、創造的な思考能力です。ビジネスの世界においても、デザインや芸術的な感性を積極的に取り入れる動きがはじまっています。しかし、方法論を知るだけでは充分とはいえません。社会に新しい価値・ビジョンを示すには、個人ひとりひとりの芸術に対する理解を深め、洗練された、創造的思考力を養うことが不可欠です。そのためには、社会と芸術との新たな関係を探る必要があります。

本領域では「旧きを知る文化・伝統への探究力」と「現在~未来を構想するデザイン思考の創造力」を両軸とした学際的研究により、社会や地域に対して創造的に働きかけることのできる、高い構想力を備えた人材の育成をめざします。全国から幅広く人材を募集するために「オンライン大学院」として開設します。

企業に所属する方から、子育て中の方、地域コミュニティの参加者といった、多様な方々が、創造的な思考と構想力、そして行動法則(教養・判断・コミュニケーション・意思決定力)を身につけ、それによって企業内や家庭、地域のさまざまな課題を解決し、新しい価値を創造していけるように実践的に研究していきます。

カリキュラムは、グループワークによるアクティブ・ラーニングを用いて、高いコミュニケーションスキルの育成と、オンライン学習環境だからこそ実現できる細やかなフィードバックにより、習熟度を効果的に高めます。

「よりよい社会にしたい」と願う、すべての方に、過去を再考し、現在~未来を創造する学際的思考の獲得をめざしていただきたいと願っています。(教員:早川克美)

カリキュラム

カリキュラムを構成するのは、3つの科目群。本領域の軸となる「旧きを知る文化・伝統の探究力」と「現在~未来を構想するデザイン思考」の両面からアプローチします。まず、分野特論科目で概論と調査法の知識を深め、演習科目で実践力を培います。そして、両方の学びを踏まえ、研究科目では自ら具体的な問いを立て、創造的に問題解決をはかる思考プロセスを実践し、価値の可視化をはかります。

まなざしと
方法論を学ぶ

分野特論
デザイン概念研究 デザインという概念の変遷を、社会とデザインの関わりや、デザインの歴史からひもとく。また、さまざまなデザイン思考について、その成立の背景およびプロセスを探る。
デザイン調査法 調査法を多面的に取り扱い、研究の基礎として位置づける。 具体的な質的調査法・地域デザイン調査法の手法について、課題による実践を通して学ぶ。
伝統文化研究 伝統文化の定義や日本文化の大きな流れを知るとともに、形式分析や文化的分析など、ものごとのとらえ方について学ぶ。
伝統文化調査法 論文の構造をはじめ、文献のリサーチ方法や図書館の利用法、論文の分析方法について学び、今後の研究の基礎とする。
実践的な
力を身につける

演習
デザイン思考・実践A 個人のビジョンを具体化するプロセスを、デザイン思考によって 実践。実現したい世界を形にするための、ビジュアル思考・プロトタイピング技法を学ぶ。
デザイン思考・実践B 協働による課題解決のプロセスを、グループワークからデザイン思 考によって実践。社会や地域の課題を提案するための力を養う。
伝統文化・実践A 「歴史的景観」や「聖地巡礼(ツーリズム)」を題材に、伝統文化に基づく文化資産を個人でリサーチ。それらを継続・発展させるための思考や議論を行う。
伝統文化・実践B 「職人技術の継承」「墓・葬送儀礼」を題材に、伝統文化に基づく文化資産をグループワークでリサーチ。それらを継続・発展させるための思考や議論を行う。
創造的提案
としての最終成果

研究
「新しい価値を創造する(早川克美ゼミ)」「歴史ある対象を今に活かす(野村朋弘ゼミ)」の方向性からいずれかを選び、 グループワークで課題を設定。解決へのプロセスを実践することで、価値の可視化を図る。

学びの流れ

基本的な学びのスタイルは「動画講義」「個人ワークまたはグループワーク」「グループディスカッション」「レポート作成」です。対話・相互批評を重視し、「わかちもたれる知」をつくりあげていきます。集中~収集~拡散~俯瞰~集約という意識・思考の変化や、相手の立場をイメージしながらの平等な議論展開が、学習者の感性を刺激します。

※グループワークは、発言数の公平と、思考の外部化・視覚化に有効なテキストベースで実施します。
(写真左)学際デザイン特論I-1 動画講義、(写真右)Workplace PC画面より

学習共同体として、教員や同級生たちと「ともに学ぶ」

本学独自の学習用webサイト「airU(エアー・ユー)」や、クローズドなSNS「Workplace by Facebook」を活用し、従来の通信教育のイメージをくつがえす双方向学習を実現。
また、学生主体の情報交換や学び合いの場もあり、そ の自由で刺激的な交流が、さらに学習の場を活性化させます。

年間のスケジュールモデル

年間のスケジュールモデル
■教員 早川克美野村朋弘

出願や学習内容についてのQ&A

Q1:芸術系大学出身ではないのですが、入学できますか?

同分野の学科・専攻の卒業が出願資格というわけではありません。本学の判断基準において選考を行いますので、研究計画・ポートフォリオ等で現在のご自身の力を存分に見せてください。

Q2:本領域の研究と関連した論文や会社の研究業績がない場合はどうしたらいいですか?

これまでの活動、研究の内容がわかる資料をPDFで参考資料として提出の上、それらと大学院で計画している研究内容との関係性を「これまでの代表的な研究業績」として1200字程度で記してください

Q3:修士研究はグループワークなのに研究計画書はどう書けばいいのか?

本領域は、社会や地域に対する疑問や問題提起に基づいて、入念な調査と創造的に働きかけることのできる実践的な提案研究を標榜しています。そのため、修士研究は、グループワークで議論し課題を設定、解決のプロセスを実践し、新たな価値の可視化を提示することを最終成果としています。出願書類の研究計画では、個人・グループの区別にとらわれず、ご自身の問題意識に基づく内容をまとめてください。ただ、グループ内の議論では、ご自身の研究対象そのものが扱われない可能性 はあります。それは予めご了承ください。グループワークで採用できなかった個人のテーマは、院のカリキュラムと併行して各自で取り組まれたらと思います。

Q4:業績に関わる参考資料とは何か?

これまでの代表的な研究業績(著書・論文・レポート・作品)をPDFファイルにまとめてご提出ください。容量は20MB以内とします。著書・論文であれば抄録、レポートは現物、作品は図録といったように適宜選択してください。

Q5:どんなことが学べますか?

学際デザイン研究領域のカリキュラムは大きく3つの科目群から構成されています。一つは、伝統的な生活文化の調査研究方法を学ぶ講義および演習科目。2つ目に、デザイン思考の理解とデザイン調査分析方法を学ぶ講義および演習科目。そして3つ目に、それらをふまえて、自ら具体的な問いを立て、創造的に問題解決を図る思考プロセスを実践する研究指導科目です。本領域で取り扱うデザイン思考は、昨今話題になっているデザイン思考をベースとしながら、過去をさかのぼって調査探究する視点を加えた内容となっています。

Q6:デザイン思考の方法が学べますか?

デザイン思考のプロセスを活用し、基本的な課題の発見方法を提示しますが、方法を学んだからといってすぐに課題が発見できるというものではありません。実際には、学んだ方法を応用・活用して課題を発見するのは学生の方の探究にかかっています。授業では、ケーススタディを実践することで自分の中に考え方が埋め込まれるような、経験値の蓄積を目指しています。

オンライン入学説明会アーカイブ配信動画

学生紹介

濱田 織人東京都 40歳 大学院1年次

本領域に進学した理由、学びの目標は?

20年ほど音楽業界やショービズの世界で生き、これまでに培った現場の力を学術的な研究結果として残すことで、今後のプロジェクト等につなげたいと考えました。いま取り組んでいる課題は、「伝統となるのに必要なこと」「デザイン思考法の実践」「自分と向き合うアートワーク」など。何より難しいのはスケジュール管理ですが、移動時間などを活かしてこまめに学習を進め、同級生同士で締め切りをリマインドしあう、といった工夫をしています。まずは、MFAと名乗れるような知識と技術の取得をめざし、ここで得たことを即、パフォーマンスやアウトプットに活かせたらと思っています。

学びによる気づき、得られたことなどは?

1期生ということもあり、授業自体も一緒につくっている感じが楽しいです。100%オンラインだけど、ここには「場」があります。人はだれでも経験を積むと自分の心地よい思考に頼りがちですが、入学以来、未知の領域の課題に向き合い、多様なバックグラウンドを持つ学友の幅広い視点にふれ、いままで脳みそで使ってこなかった部分が筋肉痛になっています(笑)。グループワークで意見を伝えあうことを通して、知らなかった自分自身も発見できました。また、オンライン上で自主的に毎週、みんなが雑談できる場を設けており、授業のときとは違うモードの先生や、同級生の一面を垣間見られるのも面白いです。

瀬戸 亜美東京都 46歳 大学院1年次

本領域に進学した理由、学びの目標は?

芸術教養学科で、デザインは単なる「結果」ではなく、「物事をよくするためのプロセス」だと教わって感心。卒業後も「この大学で、先に進みたい」と、本領域の開学を待ちわびて出願しました。目標はMFAの取得と、学びを仕事に活かすこと。いま、社会人講師として働いている会社で、デザイン思考を用いたオリジナルの「企業研修」を開発したいと考えています。また、学科時代から「育児で大変なお母さんこそ、美術館にもっと気軽に行けて、気持ちや思考をリフレッシュできたら」と思いつづけてきたので、いつか、その価値を日本に根づかせるようなデザインをしたいです。

学びによる気づき、得られたことなどは?

会社員と主婦業をしているので、時間はいつもパンパンです。子供が起きる前に勉強し、移動中に動画を見たり、参考文献を読んだり。1年次の現在は、ほぼ毎週のように同期とディスカッションをしていますが、いつも得るものがあり、楽しくて仕方ありません。ほぼデザイン経験のない私ですが、「分からない」ところからスタートしてもいいんだ、と入学して気づきました。最初はどう課題に取り組もうか悩んでいましたが、いざディスカッションが始まると、院生同士の会話から、不思議と学びが得られます。先生方からの講評も、「仕事」とは違う「学び」の姿勢など、大事なことを教わっています。

資料請求 あたらしいパンフレットができました。

芸術×大学院×通信 京都芸術大学通信制大学院 入学説明会