本大学院の特長

京都芸術大学だからできる「学び」があります。

特長.120代から80代が学ぶ、日本最大の芸術系通信制大学院

会社員、主婦、定年後など、あらゆる立場・職業の人々が全国から集う、日本最大の通信による芸術系大学院です。

グラフ

(2020年9月現在、218名)

特長.2MFAまたはMAを通信で取得

本大学院を修了すると、「修士(芸術)」(MFA)または「修士(学術)」(MA)が取得できます。学際デザイン研究領域は、日本で初めて完全オンラインで芸術修士(MFA)を取得できる修士課程として2020年4月から開設しています。

※「修士(学術)」(MA)の学位は、研究内容が芸術文化、比較文化、歴史文化の学際的分野であると本大学院が認めた場合に限ります。

特長.3じっくり学べる少人数制授業とwebを活用したサポート

本学独自の学習用webサイト「airU」を活用し、授業外も教員からの手厚いサポートが受けられます。
少人数制の指導体制で、その道の第一線で活躍する教員が惜しみなく知と技を伝え、感性と意欲を刺激する環境が整っています。

MFAを取得できる通信制大学院
通信制大学院で変わった私の人生

本大学院 芸術環境専攻には、
4つの領域と1つのプログラムがあります。

探究力と創造力を実践的に高める。

学際デザイン研究領域

「旧きを知る文化・伝統の探究力」と、「現在~未来を構想するデザイン思考の創造力」を両軸に、
地域や社会へ創造的に働きかけられる人材の育成をめざします。

  • 日本初、完全オンラインの芸術修士課程(MFA)
  • オンラインならではの双方向学習
  • 学び合いを高める徹底したグループワーク

芸術の社会的機能を探究する。

芸術環境研究領域

さまざまな自然的・文化的環境のもとで、芸術の意味を理論的に考察。
研究、計画・教育普及などのかたちで、新しい芸術のあり方を実験的に探ります。

  • 単なるマニュアル的な技術の習得ではなく、技術の背後にある意味やニーズを、時代に先駆けて掘り出すことをめざす。
  • 作家や芸術教育の関係者である学生も多数。

挑戦的制作、素材研究を深める。

美術・工芸領域

次の世代に向けて、今の技術や表現を将来に伝えると同時に、
個々の人生と響き合った作品や「生き方」を生みだす、姿勢そのものを継承していきます。

  • 素材に基づく技術の習得と開発をめざし、模写や模刻にも取り組む。形態だけでなく素材などの可能性も探究。
  • 授業は、教員の手業などを間近に学べる、少人数による個別指導が中心。

文化遺産と住環境を創造する。

環境デザイン領域

ひとが大事な時間を過ごす場所を、どのようにつくるのか。それを建築と庭園という分野で探究します。

  • 建築デザインは、ひとりの建築家を中心にした「スタジオ制」で入学から修了まで一貫した研究指導。
  • 日本庭園の学生には、現場経験のあるプロも多数。職人と研究者がいっしょに学べる。

芸術の力で社会を更新する。

超域プログラム

アートプロデュースや絵画技法材料学のMFA(芸術修士)課程において、人々の感性や暮らしに変革をもたらすような制作活動をめざします。

  • 実践に特化したカリキュラムに基づき、世界の現場で活躍する人材を育成。
  • 自身の制作研究成果を、実際に社会に還元することを修了の目標とする。

ごあいさつ
社会人と芸術のあらたな関係を目指して

芸術活動には普遍的な価値の創出と伝達という性格だけでなく、それに携わる個々の人間の感性の洗練と技術の追究というきわめて個別的な性格も存在しています。また、近年では、経済や文化の汎地球化の流れが強まる中で、それに抗するかのように地域性を強調する流れも生まれています。しかし本来の芸術制作は「普遍」対「個」、グローバル対ローカルという単純な対立には収まりません。そもそも制作活動は、個的かつ具体的でありつつ、同時に新たな普遍性を持つ世界を切り開いていくところに大きな意味があります。

そのことを踏まえ、京都芸術大学大学院(通信教育)では、今日の情報化社会において個々の人間や地域の環境が芸術活動にとっていかなる意義を有しているのか、またその活動環境を作り育てることはいかにして可能なのかを実践的に研究します。これは自分のフィールドに根ざして制作や研究を続ける学生にこそ有利な専門分野であり、通信教育という手段を通じて学生個々の制作・研究と相互の交流の双方を実現しようとするものです。

そのため、本研究科の芸術環境専攻には以下の4領域と超域プログラムが設けられています。すなわち、地域環境における芸術についての比較文化史的研究と制作・教育活動を探究する「芸術環境研究領域」。地域に根ざしつつ作品という独特の場を発生させる「美術・工芸領域」。地域での自然と人間の関係を具体的な空間という形で考究する「環境デザイン領域」。2020年度新設の学際デザイン研究領域では、地域や組織の課題を創造的に解決するためのデザイン思考を研究します。それらに加え、「超域プログラム」(制作学)として、アートプロデュースや絵画技法材料学研究のMFA(芸術修士)課程が設けられています。

本研究科の目標は、これらの領域で研鑚をつんだ学生たちが、それぞれの活躍する場でさまざまな形の芸術環境という花を咲かせ、それぞれがお互いを模範として、またあらたな芸術の種を蒔いてゆくことにほかなりません。これからの芸術運動の担い手となるべく、ぜひ本大学院での研究制作に参加してください。

京都芸術大学大学院 芸術研究科長(通信教育) 上村 博

京都芸術大学大学院 芸術研究科長( 通信教育)

上村 博| Uemura Hiroshi |教授

京都大学大学院文学研究科博士課程中退。京都大学文学部哲学科助手、パリ第四大学研究員を経て、1995年より本学に勤務。著書に『芸術環境を育てるために』(共編著, 2010)、『日常性の環境美学』(共著, 2012)、『身体と芸術』(1998)など。翻訳にC. タロン=ユゴン『美学への手引き』(2015)、J.-F. リオタール『非人間的なもの』(共訳, 2010)など。

資料請求 あたらしいパンフレットができました。

芸術×大学院×通信 京都芸術大学通信制大学院 入学説明会