技を拡げ、
自身の表現を深める。

個々の感性、制作に対しての考え方や技術をもとに、より洗練され発展した陶表現をめざします。
土という素材とのコミュニケーションの中から、器も含む立体としての造形はもとより、表面に施される装飾、釉薬の表現、そして焼成という重要なプロセスを通して生み出される陶ならではの表現を確立。制作者独自の表現だけでなく、他者の生活に潤いを与えるような表現の可能性を追求します。

分野の特長

自身のテーマで表現を深め、発展させる

自身の作品を発展、深化させることが大きな目標です。自らの作品に対する問題意識を明確にし、それを追究するための個別指導を行います。一人一人に対応した指導で、濃密な学習をしてもらうことを狙っています。

素材や釉薬の研究を通し、表現の幅を広げる

陶芸にとって大きな要素である土と釉薬を研究します。各自が研究したい釉薬なり土をテーマとしてあげ、自身の求める陶表現の実現のため具体的な実験も含め追究します。学外から釉薬のエキスパートを講師として招き最先端の釉薬技術を含む講義を聞き、各自の釉薬へのアドバイスも受けます。

作家としての表現方法、社会との関わりを探る

大学院修了後の各自の作品発表のための経験として、また成果発表の場として、学外のギャラリーでの展覧会を開催します。

学びのすすめ方1年次

ワークショップや作家、研究者らの講義を通し多岐にわたる陶芸世界の神髄を学ぶ。

美術・工芸演習(陶芸)(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

自ら求めてきた表現を今一度見直すことから、さらなる可能性を探ります。技法を変えること、素材を変えること、釉薬を洗練させることなど様々なアプローチから自らの表現の幅を広め、他者に感動を与えられる作品制作を目指します。

美術・工芸特論Ⅰ-1、2(テキスト科目)

本科目の目標は、美術・工芸に関する理論的著作を批判的に読み解くことと、その上で、各自の制作研究行為を今日の社会環境の中に位置づけて考察することにあります。制作研究は個人的な表現内で完結するものではなく、社会との関わりの中で熟成・発展していくものです。自己を包む環境について新たな見解を持ち、創作への思いを言語化することで、自作品の明解なビジョンが育ちます。

学びのすすめ方2年次

自己表現の確立をめざし、「見せる」ことも意識して作品を制作。

美術・工芸研究(陶芸)(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

修了制作展へ向けて、各自の問題意識をもとに制作をすすめます。制作ノートとして各自の制作を文章化することは、考えをまとめる上でも有効な方法です。作品に対する論述と実作品の制作を並行して行うことで、今後の独自性のある作品づくりに向けての進展を図ります。スクーリングでは各自の方法、考え方で自由に制作・研究をすすめ、外部から作家を招いてのレクチャーも予定しています。

年間のスケジュールモデル

年間のスケジュールモデル

スクーリングは各年次毎に、年間を通して週末(土・日)を中心に開講しています。
詳しい日程は下記『大学院スクーリング日程2018』でご確認ください。

※『大学院スクーリング日程2020』は2020年1月に公開予定です。

■スクーリング日程 大学院スクーリング日程2018

学生紹介

奥村 由未52歳 山形県 大学院2年次

洋裁士業のかたわら地元の陶芸教室を手伝っていたこともあり、夫に先立たれたのを機に「新しい世界に身を置こう」と学部へ。大学院では、釉薬の奥深さをはじめ、「表現」と「用」の難しさ、社会に作品を出す必然性などに気づかされました。現在の釉薬研究のテーマは、「象牙色の釉薬」と「漆塗りのような釉薬」。直後にガッカリすることが多くても、窯の蓋を開ける直前のワクワク感はたまりません。まずは修了制作の茶道具を完成させ、お茶の先輩たちにも「これ、いいわね」と言ってもらえる茶道具や、書の同門に使ってもらえる書道具(陶硯、水滴、筆置など)をつくりたい。卒業後は、臨床美術士としても少しずつ活動していきたい。「ひとつひとつ繰り返すことでしか身につけられない」「失敗して模索し獲得することが自身の表現になる」。そんな先生の教えを胸に、これからも自分なりの制作をつづけたいです。

■教員 清水 六兵衞(教授)、八木 明(客員教授)、横山 直範(講師)、櫻井 靖子(講師)

修了制作 作品ギャラリー

青木 一浩65歳 長野県 2018年度修了

[修了作品について]天をめざす炎のオブジェを、ひも作りで制作。素焼き後に磨いて美しい曲線を出すなど、工夫しました。向かって左は大学の窯、右は自宅の粘土窯で焼成。双方がよい影響を与えあっていると感じます。仕上げた感想は「やったあ」。苦労したぶん、達成感がありました。

[成果、そして、これから]論文の書き方から制作で困った時の相談まで、先生のご指導に感謝しています。磁器や釉薬、樂焼きなど、大学院ならではの学びも得られ、充実した2年間でした。この経験を生かし、いろいろな公募展に出品したいです。


天に燃える

松浦 大25歳 奈良県 2018年度修了

[修了作品について]激しい輝きと圧倒的なエネルギーを放つ太陽の制作に挑戦しました。しかし、太陽の造形表現は非常に難しく、特にその威力を象徴する爆発現象「フレア」は成形と施釉に苦労しました。イメージした太陽とは異なりましたが、私の渾身の作品であったと思います。

[成果、そして、これから]学部で学んだ陶芸をさらに深めたいと考え、進学しました。大学院では、失敗の度にご指導をいただき、対策を考えたことが、とても貴重な経験となりました。今後は自身がイメージする自然物を作品化し、発表することを目標に努力していきたいです。


Our Sun

谷口 文子71歳 京都府 2018年度修了

[修了作品について]記号のひとつである「ひらがな」と「漢字」の文字を使って、内在するものを形にしたいと思った。一文字を一体化し、内部を空洞にしながら文字を貼りつけるのに何回も試行錯誤を要し、かなりの時間がかかった。今はやっと出発点に立ったところ、というのが実感である。

[学びの振り返り]大学院の2年間は、その前の学部の3年間より、数倍濃かったと言える。つねにテーマとコンセプトを自分で考え、自分で作り、自分で焼く。「他人との比較ではなく、自分自身とどう対峙するかが重要である」と強く感じた。


祈り

井澤 正憲48歳 和歌山県 2018年度修了

[修了作品について]日々空想する風景を、自分の王国を作るように形にしてみたいと思った。イメージどおりの質感や加飾をめざし、木型を用いてパーツごとに成形したり、釉着による造形を試みたりと制作工程を検証。従来よりイメージが広がったものの、課題も多く見つかったので、今後の制作に生かしたい。

[成果、そして、これから]制作歴は長いけれど、仕事で資格が必要となり進学。20年ぶりの学生生活で、再びイマジネーションの海にどっぷり浸かり、新たなモチベーションを持てた。また、人との出会いはやはり大きく、交流を通じて制作や他の活動に生かせる素晴らしい経験が得られた。


王国への旅

資料請求 あたらしいパンフレットができました。

芸術×大学院×通信 京都造形芸術大学通信制大学院 入学説明会