意図を明らかにし、技を拡げ、表現を深める。

技法の習熟や素材の知識はもちろんのこと、染や織の造形を輝かせるために不可欠の要素である色、形、主題 ー それらを掘り下げることで 初めて、大きく自分の表現の幅を広げることができます。作品を作り続ける意味を明確にし、もう一歩、踏み出す力を大学院で得てください。

分野の特長

自作を発展させる方法を指導

これまでの学びを基礎として、さらに自作を発展させるのが大学院です。そんな各自の想いにしっかり伴走し、めざす方向や深く掘りさげる方法、わかりやすく提示する手法を個別指導で伝えていきます。

幅広い技法にふれ、制作を追究

染織の多岐にわたる技法や素材にふれ、その周辺技法までじっくり研究できるのも大学院ならでは。たとえば埋もれた技法を掘り起こし、現地での聞きとりをもとに作品をつくったり、より本格的な制作のため、道具や器具まで自作する学生もいます。本藍醗酵建による布や糸の藍染めも体験します。

「眼」を得た先に道が見つかる

自分にはどんなスキルが必要か。より理解されやすい表現とは何か。大学院で得られるのは、対象を突き詰めて見る「眼」です。その眼によって自作の完成度を高め、大きな公募展や団体展で受賞した院生も数多くいます。

学びのすすめ方1年次

技法の習熟とともに素材の可能性を探り、作品を制作する。

美術・工芸演習(染織)
(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

これまで積み上げてきた造形のあり方を問い直し、高めていくためには何が必要かを探ります。素材・技法・主題などのうち、自作をより強固に展開する上で、次は何の技法が必要かを見極めます。基礎を知った上でしか理解できない新たな技法、より高度な技法を、ワークショップにて学んでいきます。前半では、作品の完成度よりも何らかの手がかりをつかむことをめざし、試作を行います。後半では試作をふまえ、染織の特性を生かした造形作品の完成をめざします。

美術・工芸特論Ⅰ-1、2(テキスト科目)

本科目の目標は、美術・工芸に関する理論的著作を批判的に読み解くことと、その上で、各自の制作研究行為を今日の社会環境の中に位置づけて考察することにあります。制作研究は個人的な表現内で完結するものではなく、社会との関わりの中で熟成・発展していくものです。自己を包む環境について新たな見解を持ち、創作への思いを言語化することで、自作品の明解なビジョンが育ちます。

学びのすすめ方2年次

自分の表現を深めつつ、集大成としての修了制作に挑む。

美術・工芸研究(染織)(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

「美術・工芸演習」の成果を土台にして自作のテーマを確立し、作品制作を行います。年間2作品を制作しますが、前半は実験的要素を含めた試作であり、後半は、より技法と主題の充実をめざし、修了制作作品と制作研究ノートを完成させます。制作研究ノートは、制作あるいは技法をテーマとして継続的に取り組むものを設定し、教員と相談しながら論述をすすめていきます。

年間のスケジュールモデル

年間のスケジュールモデル

スクーリングは各年次毎に、年間を通して週末(土・日)を中心に開講しています。
詳しい日程は下記『大学院スクーリング日程2018』でご確認ください。

※『大学院スクーリング日程2020』は2020年1月に公開予定です。

■スクーリング日程 大学院スクーリング日程2018

学生紹介

森田 和子30歳 東京都 大学院2年次

学生時代に染織を学び、現在は東京にある大学の染織研究室で助手をしながら制作。第一線で活躍する京都の職人さんや先生方から学び、知識や技術を向上させ、自身の幅を広げるために進学しました。大学院では、じっくり素材や技法と向き合うことで、いろんな人に支えられて制作していることを実感。「染める」から「染めさせてもらう」意識へと変わり、材料や技をより大切にするようになったのは、作家としての大きな一歩だと感じます。また、文献や資料を批判的に読む力や、自分の意見を裏付けるための資料研究や実験の手法も習得。作品を顧みて、足りなかったものが少しずつでも得られていると「成長しているな」という喜び、やりがいを感じます。工芸会での入賞を目標に、絞り染の楽しさや素晴らしさを多くの人に伝え、絞り染を好きになってもらえる作品を染めたいです。

■教員 久田 多恵(准教授)梅崎 由起子、柴田 博美(講師)、木内 小織(講師)、石塚 広(講師)、舘 正明(講師)

修了制作 作品ギャラリー

志水 由紀67歳 熊本県 2018年度修了

[修了作品について]海の色と動きを表現。海のうねり・波頭・流れる線、そして多彩なブルーを出しつつ、鮮やかな白を残せるよう制作した。海は、何度でも足を運べる対象であり、これからも継続していきたいテーマである。

[成果、そして、これから]学部で、自分の狭い常識を超えた“染”に出会った。「迷った時は、自分でなければできない表現方法をとりなさい」と教わり、さらに前進できた。専門外分野の学びが、作品のヒントにつながる面白さも実感。“染”に、ますます魅力を感じている。


開く

安田 彩38歳 京都府 2018年度修了

[修了作品について]学部でテーマとした「色の表現」の発展をめざしました。作品のイメージを現実に形にすることは、もどかしい作業でもありますが、そのイメージに近づけたときは喜びと安心感を味わえます。

[学びの振り返り]フルタイムの仕事をしながら、自らの学びをすすめることに、時には難しさを感じました。けれど、切磋琢磨できる環境があったおかげで、ぶれずに研究テーマをまっとうすることができました。人々の生活に寄り添ってきた繊維を、今後も見つめていきたいです。


きらきら

福島 恵子57歳 千葉県 2018年度修了

[修了作品について]天然染料を使用した、重ね染めと絞り染めによる作品です。その時々の環境や条件に左右されることが多くて苦労する天然染料ですが、重ねるごとに変化する色、染料の組み合わせで生まれる色、素材の違いによる色などの美しさを楽しみながら制作できました。

[成果、そしてこれから]講義や実習はもちろん、学外見学や研修旅行など、個人では得難い貴重な体験ができて、その度に伝統ある素晴らしい技術に感動しました。今後は「染め」を通して、他のだれかを感動させられる作品をつくれるようになりたいと考えています。


彩光

広瀬 真弓57歳 東京都 2018年度修了

[修了作品について]織物の構造上、デザインに派生する制約の壁を越えたく、「織組織で自由に図柄を表現する」技法を調査、研究。そのひとつである「三重経複様平組織経錦」の技法で、経糸に2760本の絹糸を用いた、九寸名古屋帯を制作した。

[学びの振り返り]学部での制作を発展させるために進学。ひとりでは進めにくい難問も、先生方のアドバイスによって解決できた。「織組織で自由に図柄を表現する」技法は無限にあるので、さらに研究、制作をつづけ、発表の場を求めていきたい。


三重経複様平組織経錦帯

安江 容子滋賀県 2015年度修了

[修了作品について]稲作の盛んな日本では、その副産物であるワラで多くの生活用具が作られてきました。その中のひとつである「ばんどり」(荷物を背負う時に背中に当てる民具)から、ワラ仕事の技術や技法を取り入れ、そのイメージを基にして作品を制作しました。そこには、古来の〈織〉〈もじり〉〈結び〉等の技法が隠れていて、再現するのに苦労しましたが、それはまた驚きの連続でもありました。

[成果、そして、これから]大学院では2年間で計4回作品を制作しました。自分の中にある作品の種を、どう育て組み立てて作品にしていくかを、回を重ねるにつれ、理解していったように思います。糸や繊維が、布や面になるプロセスに興味があり、機で織る方法だけでなく、それ以外の技法にも挑戦していきたいと考えています。

第7回京都造形芸術大学通信教育課程 卒業生・修了生全国公募展 大賞受賞


「ハレ」と「ケ」

大日方 明美58歳 東京都 2016年度修了

[修了作品について]古から現代までのさまざまな要素を取り入れ、「楽に、楽しく」身に着けられるものを制作した。作品に適した素材や組織を探究することにより、風合いの異なった布を織り出し、さらに加飾することによって立体的な作品とした。

[学びの振り返り]学部時代の生真面目な作品から脱皮したいと思い、自分の可能性を見いだすために大学院へ進学した。先生方との対話を通して、気づきの多い2年間であった。今後も破綻を恐れず、更なる冒険を楽しみたいと思っている。


のような

資料請求 あたらしいパンフレットができました。

芸術×大学院×通信 京都造形芸術大学通信制大学院 入学説明会