意図を明らかにし、技を拡げ、表現を深める。

染織の表現力とは何でしょうか。技法の習熟や素材の知識を得るのはもちろんのこと、なぜ染めたり織ったりする方法を取るのか、意図を明らかにすることで力強く自分を表現する力となります。本分野では自分の可能性を広げ、作品を制作、発表していく力をつけることを目標とします。

分野の特長

自作を発展させる方法を探る

各自がこれまで扱ってきた素材や技法、作品制作の方法を活かしながら、より完成度を上げ、表現力を高めていく方法を探ります。

多彩な技法にふれ、新たな可能性を見つける

手馴れた方法に安住せず、さらに磨きをかけたり刷新したりしていくことで、新たな可能性に踏み込みます。造形としての染織、使えるものとしての染織、という両面について研究します。

スクーリングとairUを通した個人指導

自宅で一人でも、しっかり作品を向き合えるように、スクーリングでの個人指導と並行してairU(学習用webサイト)で作品画像を共有し、年間を通して指導を行います。

学びのすすめ方1年次

技法の習熟とともに素材の可能性を探り、作品を制作する。

美術・工芸演習(染織)
(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

これまで積み上げてきた造形のあり方を問い直し、高めていくためには何が必要かを探ります。素材・技法・主題などのうち、自作をより強固に展開する上で、次は何の技法が必要かを見極めます。基礎を知った上でしか理解できない新たな技法、より高度な技法を、ワークショップにて学んでいきます。前半では、作品の完成度よりも何らかの手がかりをつかむことをめざし、試作を行います。後半では試作をふまえ、染織の特性を生かした造形作品の完成をめざします。

美術・工芸特論Ⅰ-1、2(テキスト科目)

「美術・工芸演習」の成果を土台にして自作のテーマを確立し、作品制作を行います。年間2作品を制作しますが、前半は実験的要素を含めた試作であり、後半は、より技法と主題の充実をめざし、修了制作作品と制作研究ノートを完成させます。制作研究ノートは、自作についての制作動機、表現技法、作品形態、素材などについて、教員と相談しながら論述をすすめていきます。

学びのすすめ方2年次

自分の表現を深めつつ、集大成としての修了制作に挑む。

美術・工芸研究(染織)(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

「美術・工芸演習」の成果を土台にして自作のテーマを確立し、作品制作を行います。年間2作品を制作しますが、前半は実験的要素を含めた試作であり、後半は、より技法と主題の充実をめざし、修了制作作品と制作研究ノートを完成させます。制作研究ノートは、制作あるいは技法をテーマとして継続的に取り組むものを設定し、教員と相談しながら論述をすすめていきます。

年間のスケジュールモデル

年間のスケジュールモデル

スクーリングは各年次毎に、年間を通して週末(土・日)を中心に開講しています。
詳しい日程は下記『大学院スクーリング日程2021』でご確認ください。

■スクーリング日程 大学院スクーリング日程(2021年度予定)
■授業一覧 授業一覧(2021年度予定)

学生紹介

湊 優子61歳 福岡県 大学院2年次

染織を続ける力をつけたくて、還暦を機に思いきって入学。大学院生活は自由です。学びも、研究も、怠けるのも。だからこそ自分を律し、考え、工夫し、作品を創りあげていく。そんな制作過程そのものを学びながら、ひとつひとつの課題ごとに自身の成長を感じています。生活全体では仕事と介護が9割ですが、頭の中の大半を占めているのは染織のこと。精神的にも良いバランスを保ちつつ、制作しています。いま取り組んでいるのは、「蝋染めのエッチング技法」。真っ白い布に乳白色の蝋を置く、美しい瞬間が大好きです。難しく考えず、どうすれば染織を楽しめるかと思いながら制作しています。また、既成概念にとらわれず素材や染料を研究したくて、1年次には木の下駄や念珠の蝋染めにも挑戦。同級生と展示会も実現し、毎年の開催を目標にしています。

■教員 久田 多恵(准教授)梅崎 由起子、柴田 博美(講師)、木内 小織(講師)、石塚 広(講師)、舘 正明(講師)

修了制作 作品ギャラリー

森田 和子31歳 東京都 2019年度修了

[修了作品について]絞り染による多様な線表現をテーマに、天然染料を用いて制作。技法に注目されるよう、線を強調したシンプルなデザインにしました。そのため技法ひとつひとつと向き合うことができ、自身の技術の向上につながりました。

[成果、そして、これから]たくさんの先生と様々な技法、素材に触れた濃い2年間。整った設備や体制の中、自分が何を求めているのか突きつめ、学び、研究することは、人生の貴重な宝に。引きつづき、技術の向上をめざして研究と制作をつづけたいです。


line 2019

日比 美由起40歳 岐阜県 2019年度修了

[修了作品について]和紙、紙糸、紙布の美に魅了され、図書館の本をモチーフに、自作の手績み紙糸と市販の和紙糸で織り上げました。紙糸の扱いに苦労したものの、試織や実験を繰り返し、モチーフに合う素材と染織技法を選択する大切さを学べました。

[成果、そして、これから]思いや迷いを研究ノートの文章にまとめ、何度も読み返すことで、より作品制作に向き合えました。先生方や学生同士の対話も支えに。素材を生かした紙布制作を目標に、ワークショップで出会った技法や素材にも興味を広げています。


諸紙布着尺・帯 ビブリオテーキ

志水 由紀68歳 熊本県 2018年度修了

[修了作品について]海の色と動きを表現。海のうねり・波頭・流れる線、そして多彩なブルーを出しつつ、鮮やかな白を残せるよう制作した。海は、何度でも足を運べる対象であり、これからも継続していきたいテーマである。

[成果、そして、これから]学部で、自分の狭い常識を超えた“染”に出会った。「迷った時は、自分でなければできない表現方法をとりなさい」と教わり、さらに前進できた。専門外分野の学びが、作品のヒントにつながる面白さも実感。“染”に、ますます魅力を感じている。


開く

笠原 千佐子62歳 東京都 2019年度修了

[修了作品について]以前から興味を持っていた能装束「唐織」技法を研究課題として、学部卒業作品の綴織に唐織技法を取り入れた作品を制作しました。唐織技法研究についてはまだ検証中ですが、作品に“深み”を織りあげられることが確認できました。

[成果、そして、これから]「唐織」の技法を検証する過程で、織り技法にも、その当時の歴史的背景などが大きく影響していることが分かりました。今後も引き続き「唐織」技法を検証しながら、作品制作をつづけていく、その道筋を得ることができました。


御神渡り・2 ― 唐織技法

福島 恵子58歳 千葉県 2018年度修了

[修了作品について]天然染料を使用した、重ね染めと絞り染めによる作品です。その時々の環境や条件に左右されることが多くて苦労する天然染料ですが、重ねるごとに変化する色、染料の組み合わせで生まれる色、素材の違いによる色などの美しさを楽しみながら制作できました。

[成果、そしてこれから]講義や実習はもちろん、学外見学や研修旅行など、個人では得難い貴重な体験ができて、その度に伝統ある素晴らしい技術に感動しました。今後は「染め」を通して、他のだれかを感動させられる作品をつくれるようになりたいと考えています。


彩光

広瀬 真弓58歳 東京都 2018年度修了

[修了作品について]織物の構造上、デザインに派生する制約の壁を越えたく、「織組織で自由に図柄を表現する」技法を調査、研究。そのひとつである「三重経複様平組織経錦」の技法で、経糸に2760本の絹糸を用いた、九寸名古屋帯を制作した。

[学びの振り返り]学部での制作を発展させるために進学。ひとりでは進めにくい難問も、先生方のアドバイスによって解決できた。「織組織で自由に図柄を表現する」技法は無限にあるので、さらに研究、制作をつづけ、発表の場を求めていきたい。


三重経複様平組織経錦帯

資料請求 あたらしいパンフレットができました。

芸術×大学院×通信 京都芸術大学通信制大学院 入学説明会