よく見る、よく描く、よく考える。

本分野では、これまで各自が育んできた絵画表現を、さらに発展させていきます。
担当教員との対話を重ねながら、研究計画を立案し、創造活動を実践していきます。作品の創作とプレゼンテーションを主軸に、研究を進め、特別講義、作品鑑賞で自己の相対化を企ります。
また、制作研究ノートの作成で理論的思考を鍛え、絵画についての知識や理解を深めていきます。

分野の特長

少人数制のスクーリング×多彩な作家が指導

スクーリング毎に行う講評会で、自主制作のテーマを深め、技術を高め、表現をさらに発展させることを目標にしています。講評会にはゲスト講師が参加し、様々な視点からのアドバイスや指導を行います。また学習用webサイト「airU」やweb会議システム「zoom」を活用し、スクーリング以外でも年間を通じて教員のサポートが受けられる体制を整えています。

創作と考察を鍛え、自身の絵画表現をさらに発展

考察としては、作家研究と発表を通して自らの創作の立ち位置をはかりつつ、制作研究ノートの作成により自己を客体化し批評する力をつけます。作家研究は、創作の精神的、内面的支えともなり、作品の力強さを高めます。

学びのすすめ方1年次

絵の具、支持体、モチーフなど素材を変え、描くことを模索し、新たな可能性を試す。

美術・工芸演習(洋画)
(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

現代の絵画を考察しながら「創ること」「描くこと」の意味を問いなおし、形式の新しさではなく、自身の考えを深め、自身にとって新鮮なテーマを模索します。また、活躍中の作家や多彩な講師陣による特別講義、材料研究実習や合評とともに、学生同士の意見交換によって自作を客観視し、個性的で魅力のある絵画表現を探っていきます。

美術・工芸特論Ⅰ-1、2(テキスト科目)

本科目の目標は、美術・工芸に関する理論的著作を批判的に読み解くことと、その上で、各自の制作研究行為を今日の社会環境の中に位置づけて考察することにあります。制作研究は個人的な表現内で完結するものではなく、社会との関わりの中で熟成・発展していくものです。自己を包む環境について新たな見解を持ち、創作への思いを言語化することで、自作品の明解なビジョンが育ちます。

学びのすすめ方2年次

自身の中から生まれる魅力ある表現を追求し、オリジナリティーのある制作へ導く。

美術・工芸研究(洋画)
(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

「美術・工芸演習」で培ってきたそれぞれの研究を核心へと近づけます。今日の絵画表現と規範は、多様であるが故に、創り手に表現の基軸を見失わせる可能性があります。社会の中の様々な状況を俯瞰しながら何をどう描いていけばよいか、発想・表現・素材・技法について研究しつつ、様々な表現の作家による講評も受けて、自身の内面の具現化に努めます。「整理より混沌」というこの国が生み出した空間構造も学んで、柔軟で新鮮な発想を備え、かつ普遍的な絵画表現を拓いていきます。

年間のスケジュールモデル

年間のスケジュールモデル

スクーリングは各年次毎に、年間を通して週末(土・日)を中心に開講しています。
詳しい日程は下記『大学院スクーリング日程2021』でご確認ください。

■スクーリング日程 大学院スクーリング日程(2021年度予定)
■授業一覧 授業一覧(2021年度予定)

学生紹介

白川 洋二69歳 香川県 大学院2年次

学部で技術や形については学べたものの、さらに色彩の研究や技術を深め、自分の絵画スタイルを確立したいと願い、進学。先生の対面指導はもちろん、多彩な同級生との交流が刺激となっています。自分ひとりでは、いまある画面を壊して新しい展開を拡げるのは難しいですが、あえて制作途中をさらし、同級生から率直な意見や何気ないひとことをもらうことで、新しい発想が生まれ、がらりと画面が変わることがあります。学外でも、地元のN P Oが行う「アートで子どもたちの感性を育む」活動に参加。定年後に感じるようになった「社会から必要とされない」「老いへの不安」が消え、ポジティブに過ごせています。具体的な目標は、公募展への挑戦。子どものように無垢な心で大好きな絵を自由に描けたらと思いながらも、評価されたい自分がいて、無作為の美と作為とのジレンマに闘いつつ、制作をつづけています。

■教員 奥田 輝芳(教授)藤田つぐみ(専任講師)川村 悦子(教授)山河 全(教授)、水口 裕務(講師)、森田 康雄(講師)、押江 千衣子(講師)、鷹木朗(教授)

修了制作 作品ギャラリー

沼本 啓子67歳 大阪府 2019年度修了

[修了制作について]長いブランクを経て再び絵筆を持った学部。視野を広げたくて進んだ大学院。『描くことは自分を紡ぐこと』、作品ひとつひとつに成長過程の自分が織り込まれている。

[学びの振り返り]得たのは”教わる”ではなく、“学びの気づき”だった。自ら課題を設定し解決の糸口を掴む。感覚を大切に描く私にとって、違った角度からのアドバイスは新しい気づきを得る機会となった。


水辺の植物

中原 圭司45歳 大阪府 2019年度修了

[修了制作について]]室内画を通して、日々の不安や悩み、葛藤といった内面世界を表現。修了制作では、授業で学んだ下地作りや大画面に挑戦し、自分なりの目線、光と影、同時代性や社会性を意識しながら描きました。観る人の想像をかきたてる作品になっていればと思います。

[成果、そして、これから]先生方の言葉によって、描くことの意義を見出し、私の絵にも人を惹きつける力があると自信を持てました。この2年間は人生の転機になったと思います。今後もテーマや表現を追究し、作家の一人として創作活動をしていきたいです。


予定調和

河野 博86歳 東京都 2019年度修了

[修了制作について]作品の大きさ、絵具や支持体を研究しながらの制作、風景をモチーフに具象から次第に幾何学的抽象となる表現など、これまでに経験したことのない作品となった。色彩は対比の強い黒白で余白表現を狙った。

[成果、そして、これから]成果は、これからの活動に現れるだろう。研究課題は、絵画表現における余白の探究で、構図や絵具・支持体など、相性の研究からアプローチする必要があった。この経験を勘案すると目的以上の成果を得たと考える。


風景

荒木 英夫65歳 千葉県 2019年度修了

[修了制作について]他分野を学ぶことで芸術全般の知識が深まり、改めて芸術美の幅と深さを実感し、制作の視点が向上した。また、実技を通じて年齢、性別を超えた少人数の仲間との濃密なコミュニケーションのもと、楽しく学習を進めることができた。

[学びの振り返り]「自分にとっての独自性とは何か」を自問。技法よりも、自分の人生、営みの中で育んできた記憶や視点に、その解があると気づかされ、モチーフ選択、テーマ性および自由な表現方法をより意識できるようになった。


放置への讃歌(失ったもの、つなげるもの)

渡邊 純子55歳 大阪府 2019年度修了

[修了制作について]ショーケースに並んだケーキたちは、まるで宝石のように輝いて私の目に映る。ケーキを宝石箱の中に入れてみると、甘く優しいキラキラした世界が広がった。それは私の憧れなのか。それとも私の記憶に由来するのか。眩い世界と幸福感をピンク色に託して表現した。

[学びの振り返り]自分が描きたいものは何なのか、曖昧なまま進学。なかなか描けずにつらいと感じる時もあったが、「研究ノート」に自分の思考や作品を言語化していくうちに少しずつ答えが見え、修了制作をやり遂げた。いまは、先生方からの厳しい批評やアドバイスが貴重な財産だと実感している。


宝石箱

梶谷 進66歳 大阪府 2019年度修了

[修了制作について]生まれ育った大阪の、現在と昔の八景を描くことで「諸行無常」と「諸法無我」を表現。クレヨン、パステル、墨、文章や詩や俳句、コラージュ(写真)も組み合わせ、絵画表現の多様性に挑戦した。

[成果、そして、これから]絵画制作を継続するため、進学を決断。私にとっては非日常であり、少しハードルが高い絵画制作だが、具体的な主題やモチーフを確立し、現代社会に生きる人間としての自己表現を追究していきたい。


大阪今昔八景

資料請求 あたらしいパンフレットができました。

芸術×大学院×通信 京都芸術大学通信制大学院 入学説明会