技を拡げ、自身の表現を深める。

本分野では、各自がこれまで積み重ねてきたものを基に、さらに様々な考察と技法習得を積み上げ、より幅広く深い表現をめざすことを教育の柱としています。今日の多様な日本画表現のあり方に振り回されることなく、また過去の日本画を単なる形式として捉えずに、自身の作品を通じて普遍的な価値表現を追究します。

分野の特長

少人数制の授業× 授業外のオンライン個別サポートが充実

一人ひとりが年間を通じて教員のアドバイスを受けながら、自由に制作をすすめます。本学独自のa irU(学習用webサイト)や、web会議システム「ZOOM」を活用し、スクーリング以外でも年間を通じて教員のサポートが受けられる体制を整えています。

多彩な作家の指導により個性的かつ魅力ある作品制作をめざす

現役作家による特別講義や個別指導を受けることで、自身の作品を客観的に見る機会をつくり、表現を具現化させていきます。

素材を含めた技法の探究を行う

古くから大切にされてきた日本画素材や技法の見識を深めると同時に、現代に適した多様な絵画表現を探索します。

学びのすすめ方1年次

さまざまな技法を試しつつ自身の表現の可能性を探究する。

美術・工芸演習(日本画)
(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

自身の意識(意志)に基づき、高い表現技術を兼ね備えた個性的で魅力ある作品の制作をめざします。伝統技法を学ぶとともに、現代に見合った制作技法を実践しながら、絵画について深く追究。主担当教員の指導はもちろん、活躍中の作家による特別講義や、模写による古典技法表現の研究なども交え、自身の絵画表現についてより深く追究、具現化していきます。

美術・工芸特論Ⅰ-1、2(テキスト科目)

本科目の目標は、美術・工芸に関する理論的著作を批判的に読み解くことと、その上で、各自の制作研究行為を今日の社会環境の中に位置づけて考察することにあります。制作研究は個人的な表現内で完結するものではなく、社会との関わりの中で熟成・発展していくものです。自己を包む環境について新たな見解を持ち、創作への思いを言語化することで、自作品の明解なビジョンが育ちます。

学びのすすめ方2年次

既存のものを追わず、自身の中から生まれる表現を形にする。

美術・工芸演習(日本画)
(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

修了制作作品の完成に向けて、今まで積み重ねてきたものをもとに絵画の幅と深さを追求すると共に、自身を解放し、より自由な表現を実践するための研究をすすめていきます。作品密度を上げるために、教員や他学生とのディスカッションを繰り返しながら、内容・材料・技術的な面も強化し、作品制作につなげ、修了制作を完成させます。1年次より模写制作を進めてきた方は、その集大成として、模写作品による修了制作も可能です。

年間のスケジュールモデル

年間のスケジュールモデル

スクーリングは各年次毎に、年間を通して週末(土・日)を中心に開講しています。
詳しい日程は下記『大学院スクーリング日程2021』でご確認ください。

■スクーリング日程 大学院スクーリング日程(2021年度予定)
■授業一覧 授業一覧(2021年度予定)

学生紹介

安本 愉美子44歳 神奈川県 大学院2年次

学部の卒業制作で、ようやく岩絵具で描くことに手応えを感じられるようになり、このまま学びつづけたいと進学しました。先生から絵に対する考え方を伺い、「なぜ自分は絵を描くのか」と考え、じっくりと時間をかけて作品と向き合う姿勢ができてきたように感じています。 いま、修了制作で描いているのは、石の絵。同じ石でも写生を重ねていくと、最初に描いたものからどんどん変化していきます。じっくり観察することで、対象への認識が深まるのだと実感します。岩絵具など古来の素材は、扱いが難しいだけに奥が深く、時間をかけたぶん得るものがあります。ときには思いも寄らない効果を生み、作品の方向性を導いてくれることも。「自分だけの力で描いているのではない」ということに気づかされます。これからも、絵を描くこと、絵を考えることを生活の一部としつつ、公募展への出品にも挑戦したいです。

■教員 松生 歩(教授)山田 真澄(准教授)吉川 弘(教授)、八田 哲(講師)、竹内 浩一(講師)、後藤吉晃

修了制作 作品ギャラリー

浅野 春雄67歳 大阪府 2019年度修了

[修了作品について]]開発で消えゆく街中の樹林を描きました。描くうちに、いつの間にか、樹林の外から中に入り込んでいる自分に気づきました。消え去る運命にある楽園が醸し出す、楽しさの中の哀しさ、明るさの中の暗さを表現すべく格闘しました。

[学びの振り返り]]志向も経歴もまったく違う仲間と切磋琢磨できたことは、とても貴重な体験でした。これまで自分の人生で培ってきたものを、芸術という視点でまとめ直してみる良い機会でした。おかげで自分のめざす方向が少しずつ見えてきました。


今年限りの楽園

岸田 智68歳 静岡県 2019年度修了

[修了作品について]地元・柿田川湧水の象徴「神秘のブルーホール」を描きました。私はこの場に立つといつも、悠久の時の流れと雄大な自然の神秘に感動します。幻想的な碧い水の透明感を、伝統ある群青で描くことで、この感動を表現したいと思いました。

[成果、そして、これから]柿田川の豊かな自然を描きつづける礎を得たい」と進学。2年間、「水」の多様な表情の表現を追究するなかで、「自然」に学ぶ大切さを教わりました。今後も「自然」と真摯に向き合い、一歩一歩前進できたらと思います。


湧水

宇高 良彦67歳 兵庫県 2018年度修了

[修了作品について]一見、怖そうだが実際は穏やかな牛。そんな内面を表現し、生命感ある牛を描きたいと思った。牛の体にふれ、ぬくもりや筋肉の張り、毛の感触などを確かめた。息遣いを聞き、においも嗅いだ。見える部分を描きながらも、見えない中味を想像しながら描いた。

[成果、そして、これから]自分で決めたテーマを追究した2年間は、制作の幅を広げ深める良い機会となった。それまでは、対象物と同じように描くことにとらわれていた。大学院では、「描く」ことについて考え、制作姿勢を見つめ直すことで、さらにレベルの高い表現に挑戦していきたいと思うようになった。


長井 紀子63歳 埼玉県 2019年度修了

[修了作品について]「虚空蔵菩薩」は藍地に金泥の線描画で、「普賢延命菩薩」はクルミと矢車草で染めた絹地に淡い色彩で仕上げました。生まれて初めて描く仏画でしたが、素晴らしいご指導のもと、慈愛あふれる美しい画が完成しました。

[学びの振り返り]]仏画専門の先生がおられる数少ない学びの場で、普通なら長年かけて学ぶべき内容を、集中的に教えていただけるという貴重な経験。この2年間は、私の生涯において忘れることのできない宝物として、心の中で輝きつづけるでしょう。


普賢延命菩薩, 虚空蔵菩薩

近藤 道子73歳 滋賀県 2018年度修了

[修了作品について]琵琶湖周辺の何気ない自然の物語を切り取り、「中央を流れる一筋の流れが人生を感じさせる」心象風景をめざして制作。銀箔の効果とマチエールにこだわり、公募展では入賞作品に選ばれました。

[成果、そして、これから]]モチーフとしたのは、ある瞬間にだけ見られる造形と色彩の美しさ、背景との調和。そんな偶然の出会いから、「描く者」と「対象」の対話が生まれるのを実感。何かを見る感性と、それを引き出す要因が、美につながるように感じました。


淡海(うみ)へ

資料請求 あたらしいパンフレットができました。

芸術×大学院×通信 京都芸術大学通信制大学院 入学説明会