技を拡げ、自身の表現を深める。

本分野では、各自がこれまで積み重ねてきたものを基に、さらに様々な考察と技法習得を積み上げ、より幅広く深い表現をめざすことを教育の柱としています。今日の多様な日本画表現のあり方に振り回されることなく、また過去の日本画を単なる形式として捉えずに、自身の作品を通じて普遍的な価値表現を追究します。

分野の特長

少人数制の授業×多彩な作家が指導

一人ひとりが教員のアドバイスを受けながら、自由に作品制作をすすめます。その中で現役作家による特別講義や個別指導を受けることで、自身の作品を客観的に見る機会をつくり、表現を具現化させていきます。

個性的かつ魅力ある作品制作をめざす

これまで積み重ねてきたものを基に、より幅広く深い表現をめざします。また、特性を活かした絵画表現を追究し、自身の表現を確立していきます。

素材を含めた技法の探求を行う

古来から大切にされてきた日本画素材や技法の見識を深めると同時に、現代に適した多様な絵画表現を模索します。

学びのすすめ方1年次

さまざまな技法を試しつつ自身の表現の可能性を探究する。

美術・工芸演習(日本画)
(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

自身の意識(意志)に基づき、高い表現技術を兼ね備えた個性的で魅力ある作品の制作をめざします。伝統技法を学ぶとともに、現代に見合った制作技法を実践しながら、絵画について深く追究。主担当教員の指導はもちろん、活躍中の作家による特別講義や、模写による古典技法表現の研究なども交え、自身の絵画表現についてより深く追究、具現化していきます。

美術・工芸特論Ⅰ-1、2(テキスト科目)

本科目の目標は、美術・工芸に関する理論的著作を批判的に読み解くことと、その上で、各自の制作研究行為を今日の社会環境の中に位置づけて考察することにあります。制作研究は個人的な表現内で完結するものではなく、社会との関わりの中で熟成・発展していくものです。自己を包む環境について新たな見解を持ち、創作への思いを言語化することで、自作品の明解なビジョンが育ちます。

学びのすすめ方2年次

既存のものを追わず、自身の中から生まれる表現を形にする。

美術・工芸演習(日本画)
(スクーリング科目、スクーリング研究制作科目)

修了制作作品の完成に向けて、今まで積み重ねてきたものをもとに絵画の幅と深さを追求すると共に、自身を解放し、より自由な表現を実践するための研究をすすめていきます。作品密度を上げるために、教員や他学生とのディスカッションを繰り返しながら、内容・材料・技術的な面も強化し、作品制作につなげ、修了制作を完成させます。1年次より模写制作を進めてきた方は、その集大成として、模写作品による修了制作も可能です。

年間のスケジュールモデル

年間のスケジュールモデル

スクーリングは各年次毎に、年間を通して週末(土・日)を中心に開講しています。
詳しい日程は下記『大学院スクーリング日程2018』でご確認ください。

※『大学院スクーリング日程2020』は2020年1月に公開予定です。

■スクーリング日程 大学院スクーリング日程2019

学生紹介

加藤 昭人65歳 愛知県 大学院1年次

学部の日本画コースを卒業後、さらなる技術を学びたくて進学。大学院では、以前から興味のあった絹本制作に取り組んでいます。とくにやりがいを感じるのは、なんといっても人との交流。先生や先輩、同期との出会いがモチベーションを高めてくれます。長年、小さなグラフィックデザイン事務所を経営してきましたが、現役としては限界を感じるように。人生の最終ターンを迎えたいま、日本画という新しい世界に出会えて幸せだと感じます。1年目のいまはレポート課題中心ですが、これが面白い。最初は面倒に思えたものの、内容そのものがとても興味深く、自分自身の人生を振り返る良い機会をもらえました。これからの目標は、さまざまな公募展等に積極的に参加すること。今年度もグループ展、公募展に数多く出展する予定です。

■教員 松生 歩(教授)山田 伸(教授)山田 真澄(准教授)吉川 弘(教授)、八田 哲(講師)、竹内 浩一(講師)

修了制作 作品ギャラリー

佐久間 艶子67歳 奈良県 2018年度修了

[修了作品について]古代ペルシア、スーサ宮殿の壁のレリーフがモチーフである。この像を手がかりに、昔からずっと関心を寄せてきた「人間の歩みと歴史の深遠さ」を何とか表現したいと思い、初めての技法にも挑戦。試行錯誤の結果、少しはイメージに近づけたと考えている。

[成果、そして、これから]学部では日本画の基礎を学び、大学院では表現力を深めるとともに、「描く意味」について考えることも学んだ。これが描きたいという「方向性」も見定めることができ、有意義な時間を過ごすことができたと感謝している。


彼方へ ―時空を超えて―

近藤 道子72歳 滋賀県 2018年度修了

[修了作品について]琵琶湖周辺の何気ない自然の物語を切り取り、「中央を流れる一筋の流れが人生を感じさせる」心象風景をめざして制作。銀箔の効果とマチエールにこだわり、公募展では入賞作品に選ばれました。

[成果、そして、これから]モチーフとしたのは、ある瞬間にだけ見られる造形と色彩の美しさ、背景との調和。そんな偶然の出会いから、「描く者」と「対象」の対話が生まれるのを実感。何かを見る感性と、それを引き出す要因が、美につながるように感じました。


淡海(うみ)へ

山本 シゲヰ74歳 東京都 2018年度修了

[修了作品について]作品の中心であるアザミは、苗を取り寄せたものの、できるだけ野生の姿を表現しようと、奥多摩や実家の山形まで出かけ花芽を見つけ写生した。野辺に生きる野草のたおやかさや芯の強さをこれまで学んだ技法をもって表現することを目指した。

[学びの振り返り]気負わず素直に画と向き合うことで、制作対象や意図を客観的に見つめ直せるようになった。絵画表現を生み出す基となり「生涯描き続けたい」と願う心を育んだ2年間であった。


かたらい flowers by the Road

加賀 純子72歳 三重県 2018年度修了

[修了作品について]岩絵の具や膠・金箔・絵絹を使用して「花」を描くことが目標であった。身近にあり、対象物になりやすい「花」を描くことは、その半面、ごまかしがきかないので、花や葉のつき具合に気を配った。

[成果、そして、これから]花には色々な種類があり、時々にさまざまな表情を見せてくれるので、スケッチするのに事欠かない。卒業作品は「花」の部分を主としたので、つぎは「全体」を描きたい。


宇高 良彦66歳 兵庫県 2018年度修了

[修了作品について]一見、怖そうだが実際は穏やかな牛。そんな内面を表現し、生命感ある牛を描きたいと思った。牛の体にふれ、ぬくもりや筋肉の張り、毛の感触などを確かめた。息遣いを聞き、においも嗅いだ。見える部分を描きながらも、見えない中味を想像しながら描いた。

[成果、そして、これから]自分で決めたテーマを追究した2年間は、制作の幅を広げ深める良い機会となった。それまでは、対象物と同じように描くことにとらわれていた。大学院では、「描く」ことについて考え、制作姿勢を見つめ直すことで、さらにレベルの高い表現に挑戦していきたいと思うようになった。


奥 みゆ紀67歳 三重県 2017年度修了

[修了作品について]野辺に咲く花々と少年を包み込み、流れる悠久の時。そして、紡がれていく命。そんな世界を表現したくて画面と対峙。制作の根底を支えたのは“制作研究ノート”。「書く」と「描く」。この2つの行為は相互に関係しながら深化し、作品を生みだした。

[成果、そして、これから]知るほどに深い森に迷い込むような、混迷の時間。探るうちに見えてきた最も大切なことは、どう絵に向き合うかということ。深い思いに支えられていなければ、何も届かない。この思いを胸に、次の一歩を踏みだしたい。


Atlas 未来へ

資料請求 あたらしいパンフレットができました。

芸術×大学院×通信 京都造形芸術大学通信制大学院 入学説明会