多様な時代や地域の芸術活動を研究する。

本分野では、ただ単に、確立された芸術ジャンル間や作品相互間の比較を行うのではなく、さまざまな時代や地域における芸術活動について、比較という視点をもちつつ、その特性を研究します。
今日の美術史研究に不可欠な、こうした基礎的な態度を共有したうえで、具体的な作品研究に取り組みます。

この分野を志す人へのメッセージ

比較芸術学分野では、ある地域や時代の芸術を、多角的な視点で捉えることを目指します。いつの時代も、芸術はけっして孤立した領域ではなく、それが生まれた社会・歴史・政治と深く関わってきました。その複雑な結びつきを解きほぐすためには、方法論を学び地道に研究を重ねることが必要になります。絵画や彫刻といったハイ・アートだけではなく、デザインや広告など人間をとりまく広い意味での視覚文化も研究対象です。今日の美術史研究に不可欠な、こうした基礎的な態度を共有したうえで、具体的な作品研究に取り組みます。芸術をもっと知りたい、という熱意のある方を待っています。(教員:武井美砂)

『ルクス・アルティウム』2010年

『黙示録の美術』2016年

学びのすすめ方1年次

物事を多角的にとらえる視点を養い、研究に必要な考え方や手法を学ぶ。

科目ピックアップ

芸術環境特論I-1・2、III-1・2(テキスト科目)

この科目では、芸術環境に関する研究にとって基本的な文献の解読を通じて、基礎的な知識や問題、研究の手法を学びます。各自の専門性に応じて課題を選択し、指定の文献を批判的に検証してレポートにまとめます。過去の研究を知り、その方法論的な意義を考えることで、各自が研究を進めていく上での基礎的な知識を身につけることが目標です。

芸術環境演習Ⅰ・Ⅲ(スクーリング)

Ⅰ(前期)・Ⅲ(後期)では、学生が各分野で研究を遂行するために必要な考え方や方法を、ディスカッションや共同作業、各ゼミ独自の課題等を通して身につけます。さらに、ゼミ内での発表やディスカッションを通じて修了研究につながるテーマを設定し、〈調査・分析・まとめ・提案・報告〉という方法論を学びながら、各自の研究の方向性を決定します。

学びのすすめ方2年次

独自の着眼点で掘り下げた研究を、論文や報告書として結実させる。

科目ピックアップ

芸術環境研究Ⅰ(スクーリング)

「芸術環境演習Ⅰ・Ⅲ」での研究成果に基づいて、修了にむけての研究を行います。各自が設定した研究テーマに沿って、適切な資料の収集、分析、調査などをすすめると共に、その成果を論文あるいは研究活動実施報告書にまとめます。指導は主に年6回のゼミと2回の「中間報告書」に対する講評で行います。1週間に1回(必須)のWEB上での研究過程の記録のほか、必要に応じて個別指導も行います。

年間のスケジュールモデル

年間のスケジュールモデル

スクーリングは各年次毎に、年間を通して週末(土・日)を中心に開講しています。
詳しい日程は下記『大学院スクーリング日程2021』でご確認ください。

■スクーリング日程 大学院スクーリング日程(2021年度予定)
■授業一覧 授業一覧(2021年度予定)
   

学生紹介

渡邊 幸俊東京都 31歳 大学院2年次

ベルギー象徴主義の画家とその作品について研究しています。あまり先行研究がないので調査は大変ですが、そのぶんやりがいがあります。調べれば調べるほど、新たな発見とともに新たな疑問が湧き、さらに調査。ものごとを深く知り、自身の解釈を客観的に伝えるためには、日々の積み重ねが大事なのだと実感しました。「ものごとを深く理解し、そこから新たな知見につなげる」という研究のプロセスを体験できるのがうれしいです。さまざまな文献や作品にふれて理解を深め、自分なりの解釈や仮説を検証することで、研究者として成長していることもを実感できます。学友との意見交換や実績のある先生方からのご指導も、とても貴重な経験です。今後も、何らかの形で研究をつづけていきたい。美術や芸術は、仕事以外にもさまざまな関わり方ができると思うので、自分に合ったやり方でこの分野に関わっていきたいです。

教員紹介

開講地 主担当 学べる内容
東京 武井 美砂 西洋美術史 / 視覚文化論
京都 加藤 志織 西洋美術史 / 視覚文化論 / 文学理論
大辻 都

修了生の研究テーマ

  • モードの再構築 ―20世紀初頭の前衛芸術運動が与えた影響―
  • マカオの聖パウロ学院教会堂ファサードの研究 ―イエズス会東アジア布教の図像と造形―
  • フラミニオ・ベルトーニ論 ―美術と自動車デザインの連関―
  • 「親密(アンティーム)な」室内画における「居心地の悪さ」について(フェリックス・ヴァロットンの室内画における室内空間の表象をめぐって)
  • ロスコ・チャペルの絵画と空間 ―作品構造とpictorial spaceとの相補性―
  • レオナール・フジタの宗教美術 ―「平和の聖母礼拝堂」を中心に―
  • 第二次世界大戦期における女性像の表象分析 ―『主婦之友』を中心に―
  • 現代美術史における前衛書のリポジショニング ―墨人会とその同時代表現をめぐって―

資料請求 あたらしいパンフレットができました。

芸術×大学院×通信 京都芸術大学通信制大学院 入学説明会