有形無形の文化遺産について研究する。

本分野では、特に日本や東アジアに伝えられてきた、有形無形の文化遺産について学術的に研究します。
文字による史料はもちろん、保存されてきた造形物や代々伝承されてきた技術まで、各地に残されたさまざまな文化の歴史的および芸術的な価値や、保存継承のありかたについて、それぞれの環境特性などを考慮しつつ、研究をすすめます。

この分野を志す人へのメッセージ

この分野への入学をお考えの皆さんは文化遺産や伝統芸術についていろいろな想いをお持ちだと思います。歴史や伝承への関心、あるいは作品や思想への興味など、さまざまな方向からの想いがあるでしょう。本分野では、皆さん自身の中にあるそのような想いを教職員と一体となって論文という「かたち」にすることを目指します。論文とはただ調査したことを記述しただけの文章ではなく、皆さんの想いを「かたち」にしたものに他なりません。また同時に、その成果は皆さん自身にとってのみならず社会においても貴重な財産となるものです。この分野で学び大学院を修了する頃には、入学時には漠然としていた想いが素晴らしい「かたち」になっているはずです。(教員:井上治)

井上治『花道の思想』 2016年

学びのすすめ方1年次

物事を多角的にとらえる視点を養い、研究に必要な考え方や手法を学ぶ。

科目ピックアップ

芸術環境特論I-1・2、III-1・2(テキスト科目)

この科目では、芸術環境に関する研究にとって基本的な文献の解読を通じて、基礎的な知識や問題、研究の手法を学びます。各自の専門性に応じて課題を選択し、指定の文献を批判的に検証してレポートにまとめます。過去の研究を知り、その方法論的な意義を考えることで、各自が研究を進めていく上での基礎的な知識を身につけることが目標です。

芸術環境演習Ⅰ・Ⅲ(スクーリング)

Ⅰ(前期)・Ⅲ(後期)では、学生が各分野で研究を遂行するために必要な考え方や方法を、ディスカッションや共同作業、各ゼミ独自の課題等を通して身につけます。さらに、ゼミ内での発表やディスカッションを通じて修了研究につながるテーマを設定し、〈調査・分析・まとめ・提案・報告〉という方法論を学びながら、各自の研究の方向性を決定します。

学びのすすめ方2年次

独自の着眼点で掘り下げた研究を、論文や報告書として結実させる。

科目ピックアップ

芸術環境研究Ⅰ(スクーリング)

「芸術環境演習Ⅰ・Ⅲ」での研究成果に基づいて、修了にむけての研究を行います。各自が設定した研究テーマに沿って、適切な資料の収集、分析、調査などをすすめると共に、その成果を論文あるいは研究活動実施報告書にまとめます。指導は主に年6回のゼミと2回の「中間報告書」に対する講評で行います。1週間に1回(必須)のWEB上での研究過程の記録のほか、必要に応じて個別指導も行います。

年間のスケジュールモデル

年間のスケジュールモデル

スクーリングは各年次毎に、年間を通して週末(土・日)を中心に開講しています。
詳しい日程は下記『大学院スクーリング日程2018』でご確認ください。
※『大学院スクーリング日程2020』は2020年1月に公開予定です。

■スクーリング日程 大学院スクーリング日程2018
   

学生紹介

青木 典江兵庫県 大学院2年次

学部で「茶の湯」の歴史や継承について学び、大学院では、その研究を深めるとともに、理論から実践への応用力の習得をめざしています。ゼミを通じて、研究の方法論や、思考を論理的に組み立てて文章化する技術を身につけていく一方で、計画的に研究を進める難しさを実感。先生方のご指導により、論点を絞って必要な資料や論文を探すこと、あきらめずに継続することの大切さに気づくことができました。また、ゼミの先輩方と「和伝研究会」を立ち上げて研究茶会を開催したり、海外で和菓子職人や日本人会・企業の方々と協力して体験型のイベントを主催したりと、さまざまな実践活動にも取り組んでいます。自身が一生をかけて学びたいと思った「茶の湯文化」。研究の時間は限られているものの、生活のすべてが学びであり学習だと考え、これからも「茶の湯」を通じた国際交流など、国内外における茶の湯文化や多岐にわたる日本伝統文化の紹介をさらに発展させていきたいです。

教員紹介

出願分野 学べる内容 開催地 担当教員
文化遺産・伝統芸術 日本文化史
日本美術史
伝統文化研究
文化遺産
東京 三上 美和
森田 都紀
野村 朋弘
石神 裕之
京都 五島 邦治
栗本 徳子
金子 典正
井上 治
重田みち

修了生の研究テーマ

  • 扇面に描かれた京洛名所・風俗と洛中洛外図屏風
  • 近世後期における表千家家元制度の発展 ― 京都・大坂・和歌山の事例から ―
  • 「いけ花」における「出生」の系譜 ― 宗匠たちの流儀からみる「自然なる姿」と「造形美」の関係 ―
  • 中世・近世の絵画資料に描かれた琵琶 ―形状からその系譜を考える―
  • うた沢節の通史 ―文化集団としての側面から―
  • 近世庶民の「時」の実用状況について ―京坂地域の商人及び庄屋を中心に―

資料請求 あたらしいパンフレットができました。

芸術×大学院×通信 京都造形芸術大学通信制大学院 入学説明会